英文法まとめ

ゴリラでもわかる when, becauseの接続詞の用法

when, becauseの接続詞の用法
  1. I like tennis and soccer.
  2. When I was five, I lived in Canada.
  3. I know that he plays tennis.

どの文も意味がわかりますか?

①の文は、だいじょうぶだとおもいます。

②・③は、どうですか?

②・③の文には接続詞がつかわれています。

whenって「いつ?」って意味じゃないの?
「いつ?」って意味ではありません。

 

このページでは、接続詞のつかい方についてまとめました。

接続詞で重要なことは、文の仕組みです。

それでは、いってみよう!

接続詞のまとめ

and系 (等位接続詞)

同じものをむすぶ

and系は同じものをむすぶ役割があります。

and系の接続詞を「等位接続詞」といいます。

ここでは、and系ってよんでいます。

 

and系は同じものをむすぶ?

ちょっと例文をみてみましょう。

and (~と)

andの接続詞

 

  • I like tennis and soccer. (わたしはテニスとサッカーが好きです。)

この文は、tennis と soccer を and がむすんでいます。
「tennis」と 「soccer」、単語と単語をむすんでいる。

 

  • Tom and Ken play tennis. (トムとケンはテニスをします。)

この文は、「Tom」と「Ken」を and がむすんでいます。

 

  • I played tennis and she played soccer. (わたしはテニスをし、彼女はサッカーをしました。)

この文は、I played tennis と she played soccer を and がむすんでいます。
「I played tennis」と「she played soccer」、文と文をむすんでいる。

 

  • 単語と単語をむすぶ。
  • 文と文をむすぶ。

このように、おなじものをむすびます。

and系の接続詞には、「or」「but」という単語もあります。

or (~か)

  • Do you like tennis or soccer? (あなたはテニスが好きですか、サッカーが好きですか?)

tennis と soccer を or がむすんでいます。

but (しかし)

  • She likes soccer, but I don’t (like soccer). (彼女はサッカーが好きです。しかし私は好きではありません。)

but は、まえの文の意味とは逆の内容がつづきます。

She likes soccer, but I don’t.
(彼女はサッカーが好きです。しかし私は好きではありません。)

英語では、同じ内容は省略されることがよくあります。

⇒ She likes soccer, but I don’t (like soccer).

when系 (従位接続詞)

つぎは、when系の接続詞です。

when系の接続詞を「従位接続詞」といいます。

ここでは、when系ってよんでいます。

when系の接続詞はつかい方が重要です。

まず、コチラをおぼえてください ↓

when系の接続詞のうしろには、主語・動詞がはいる。

では、さっそく例文をみていきます。

When(~のとき)

  • When I was five, I lived in Canada. (わたしが5歳のとき、カナダに住んでいました。)

この文の形は、「When + 主語 + 動詞 ~, 主語 + 動詞 ~.」

when系の接続詞のうしろには、主語・動詞がはいります。

そして、さらにべつの主語・動詞がはいります。

When + 主語 + 動詞 ~, 主語 + 動詞 ~.

When I was five, I lived in Canada.
(わたしが5歳のときカナダに住んでいました。)

 

  • ⇒ whenのうしろにはいる 主語 + 動詞 ~
  • ⇒ さらにべつの 主語 + 動詞 ~

 

「When + 主語 + 動詞 ~」のうしろに「, (コンマ)」がはいるのが一般的です。

絶対コンマがはいる、というわけではありません。

whenの接続詞

 

when の場所をかえることもできます。

「主語 + 動詞 ~ when + 主語 + 動詞 ~.」

  • I lived in Canada when I was five. (わたしが5歳のとき、カナダに住んでいました。)

意味はいっしょです。

主語 + 動詞 ~ when + 主語 + 動詞 ~.

I lived in Canada when I was five.
(わたしが5歳のときカナダに住んでいました。)

 

  • ⇒ whenのうしろにはいる 主語 + 動詞 ~
  • ⇒ さらにべつの 主語 + 動詞 ~

whenの接続詞がうしろにきたときは、コンマがなくなるのが一般的です。

 

ほかの例文もみてみましょう。

  • When he is playing tennis, he is happy. (テニスをしているとき、彼は幸せです。)
    = He is happy when he is playing tennis.

 

  • When I was studying English, my mother came home. (私が英語の勉強をしているとき、母が家にかえってきました。)
    = My mother came home, when I was studying English.

 

例文をマークしました。

  • ⇒ whenのうしろにはいる 主語 + 動詞 ~
  • ⇒ さらにべつの 主語 + 動詞 ~
  • When he is playing tennis, he is happy.
    He is happy when he is playing tennis.
    (テニスをしているとき彼は幸せです。)

 

  • When I was studying English, my mother came home.
    My mother came home when I was studying English.
    (私が英語の勉強をしているとき母が家にかえってきました。)

 

when系の接続詞は、ほかにもあります。

意味はちがいますが、つかい方はいっしょ!

because (~なので)

これ、忘れちゃダメです!

when系の接続詞のうしろには、主語・動詞がはいる。

  • Because I had a cold, I went to bed early. (私はかぜをひいていたので、はやく寝ました。)
    = I went to bed early because I had a cold.
because ⇒ ~なので

 

例文をマークしました。

  • ⇒ because のうしろにはいる 主語 + 動詞 ~
  • ⇒ さらにべつの 主語 + 動詞 ~
  • Because I had a cold, I went to bed early.
    I went to bed early because I had a cold.
    (私はかぜをひいていたので、はやく寝ました。)

 

if (~もし)

  • If it is sunny tomorrow, I will play tennis. (もし明日晴れたら、テニスをする予定です。)
    = I will play tennis if it is sunny tomorrow.
if ⇒ もし~なら

 

例文をマークしました。

  • ⇒ if のうしろにはいる 主語 + 動詞 ~
  • ⇒ さらにべつの 主語 + 動詞 ~
  • If it is sunny tomorrow, I will play tennis.
    I will play tennis if it is sunny tomorrow.
    (もし明日晴れたら、テニスをする予定です。)

 

thatの接続詞

thatの接続詞は、さっきのwhen系の接続詞とつかい方が少しちがいます。

でも、thatの接続詞のうしろに 主語 + 動詞 がくることはいっしょ。

例文をみてみましょう。

  • I know that he plays tennis. (わたしは、彼がテニスをすることを知っています。)

thatの接続詞の文の形は、

「主語 + 動詞 that 主語 + 動詞 ~.」

主語 + 動詞 that + 主語 + 動詞 ~.

I know that he plays tennis.
(わたしは、彼がテニスをすることを知っています。)

 

  • ⇒ 主語 + 動詞 ~
  • ⇒ that のうしろにはいる 主語 + 動詞 ~

 

that に意味はありません。
「あれは」って訳さないので注意です。

thatの接続詞

 

ほかの例文でもみてみます。

  • I think that she is cute. (わたしは彼女はかわいいと思います。)
  • Do you know that he likes sushi? (あなたは、彼がすしが好きなことを知っていますか?)
  • I don’t think that this book is interesting. (私は、この本がおもしろいと思いません。)

 

例文をマークしました。

  • ⇒ 主語 + 動詞 ~
  • ⇒ that のうしろにはいる 主語 + 動詞 ~

 

  • I think that she is cute.(わたしは彼女はかわいい思います。)
  • Do you know that he likes sushi? (あなたは、彼がすしが好きなことを知っていますか?)
  • I don’t think that this book is interesting. (私は、この本がおもしろいと思いません。)

 

that の接続詞が省略されることもあります。

  • I think that she is cute.
    ⇒ I think she is cute.

that が省略されても、主語 + 動詞 ~ の形です。

まとめ

接続詞のまとめ

 

英語の文は、主語が1つ・動詞が1つ。
これが基本です。

しかし、接続詞をつかうと、
主語が2つ以上・動詞が2つ以上でてきます。

こうやって接続詞をつかえば、1つの文に主語と動詞の数をふやすことができます。

 

あと、whenが「いつ?」の意味でつかわれるときは疑問詞のときです。

こちらを参考にしてみてください。

what, who, where疑問詞の文
ゴリラでもわかる、What, Who, Where...を使った疑問文の作り方!【疑問詞】 What, When, Where...から始まる疑問がイマイチわかんない... 特に、語順で迷うかと思います。 初...

 

これで接続詞はおしまい~

おこの
おこの
おつかれさまでした~
英文法
英文法まとめノート英文法を簡単にまとめたページです。 例文も簡単・単語も簡単なものしか使っていません。 わたしは昔、英文法が超嫌いでした。 ...
ABOUT ME
okono
okono
大好きな洋書読みと単語覚えをメインに、英語力を伸ばしています。 ただの高卒が英語の勉強をして → 目標だったTOEIC900点以上・英検1級合格を達成☆ / いまはTOEIC990点を目指しています。勉強がつらい時もあるけど、毎日コツコツ勉強してます!英語学習に関することを中心に書いています。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください