英文法まとめ

分詞を理解する!基本的なことから順番に。

英文法.分詞

この記事は、分詞についてまとめてあります。

分詞は、2つあります。
それは、現在分詞と過去分詞。

現在分詞とは、動詞にingが付いた形のものです。

playingとかwritingとかgoingなどなど。

過去分詞は、動詞に-edがついたり・不規則に変化したりします。

  • -edが付く場合:play ⇒ played, use ⇒ used
  • 不規則に変化する:write ⇒ written, go ⇒ gone

分詞を理解するために大切なことは、形容詞の役割を知ることです。
形容詞の役割は、名詞を修飾することと補語になることです。

ということは、現在分詞・過去分詞が名詞を修飾したり・補語になったりするということです。

形容詞・名詞などの詳しい内容はコチラをご参考にしてみて下さい。

⇒ 中学英文法の基本のキ

分詞を使って、名詞を修飾する

分詞(現在分詞・過去分詞)をつかって名詞を修飾してみます。

実際に例文で1つずつみてみましょう!

現在分詞(動詞のing)で名詞を修飾する

  1. Look at the sleeping baby.
  2. Look at the baby sleeping in the bed.

下線部が現在分詞です。
この現在分詞が直前・直後にある名詞を修飾しています。

①の文では、”sleeping”が後ろにある名詞を修飾しています。

現在分詞,前置修飾

分詞1単語で名詞を修飾する場合、前から名詞を修飾するのが基本です。

②の文では、”sleeping in the bed” が前にある名詞を修飾しています。

現在分詞,後置修飾

分詞を含め2単語以上で名詞を修飾する場合、後から名詞を修飾するのが基本です。

過去分詞(動詞のing)で名詞を修飾する

  1. I bought a used car.
  2. This is the book written by him.

下線部が過去分詞です。
この過去分詞が直前・直後にある名詞を修飾しています。

①の文では、”used”が後ろにある名詞を修飾しています。

過去分詞,前置修飾

分詞1単語で名詞を修飾する場合、前から名詞を修飾するのが基本です。

②の文では、”written by him” が前にある名詞を修飾しています。

過去分詞,後置修飾

分詞を含め2単語以上で名詞を修飾する場合、後から名詞を修飾するのが基本です。

分詞は動詞になれない!

分詞って動詞っぽい形をしていますが、動詞にはなれません。

なので、

  1. × I playing tennis.(私は、テニスをしています。)
  2. × I written a book.(私は、本を書きました。)

という文は間違いです。

おこの
おこの
分詞(現在分詞・過去分詞)は、動詞になれないよ

正しくは、

  1. I am playing tennis.(私は、テニスをしています。)
  2. I wrote a book.(私は、本を書きました。)

動詞になれるのは、現在形と過去形です。

一度、ここまで学んだ文法を思い出してみてください。
現在分詞と過去分詞が単体で動詞になる文法ってないんですよね。

  • 進行形であれば、⇒ be動詞 + 動詞の~ing
  • 受動態(受け身)であれば、 ⇒ be動詞 + 過去分詞
  • 完了形であれば、 ⇒ have / had + 過去分詞

何かとセットで使うのが基本です。

分詞のまとめ
  • 分詞には、現在分詞・過去分詞の2つがある。
  • 分詞は、形容詞として働く。
  • 分詞は動詞になれない。
ABOUT ME
okono
okono
大好きな洋書読みと単語覚えをメインに、英語力を伸ばしています。 ただの高卒が英語の勉強をして → 目標だったTOEIC900点以上・英検1級合格を達成☆ / いまはTOEIC990点を目指しています。勉強がつらい時もあるけど、毎日コツコツ勉強してます!英語学習に関することを中心に書いています。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください