英語勉強法

英語を英語のまま理解する?そのためには手順がある!

英語を英語のまま理解しよう!
ってよく言われますが、どういうこと?

最初のころは、
「ん?ちょっ!?ナゾだな…」と思っていました。

おこの
おこの
どーゆーことや!?

しかし英語の勉強を積み重ねていくと、「なるほど」ってなる時がくるんです。

この記事では、英語を英語のまま理解できるようになるまでの手順をまとめてみました。

英語を英語のまま理解できるようになるためには、順番があります。
知識がスッカラかんの状態で「英語を英語のまま理解する」のは無理です。

「英語を英語のまま理解する」とは?

英語を英語のまま理解するとは、
「英語を見た時、聞いた時に、日本語に訳さず英語のまま理解すること」
です。

たとえば、

  • Apple
  • Black
  • Thank you

のような、簡単な英語であれば日本語に訳さなくてもわかると思います。

イメージとしてはこんな感じです。

  1. Apple という英単語を聞く(見る)
  2. りんごのイメージが頭に思い浮かぶ

Apple と聞けば、何を言ってるのか日本語を使わなくても理解できます。
同じように「Black」や「Thank you」と聞けば、そのまんま理解できると思います。

おこの
おこの
でも、ちょっと待って!!

最初からこんなこと出来てましたか?
われわれ日本人は初めっからこうじゃなかったはず。

最初は、「Appleってりんごってなんだー」って日本語を知ってから、意味を理解してたはずです。

  1. Apple(英語)
  2. りんご(日本語訳)
  3. りんごのイメージが頭に思い浮かぶ
pic_17_2

このステップを繰り返しやってるうちに、日本語に訳すことなく理解できるようになったと思います。

これこそが、英語を英語のまま理解するということ。
日本語に訳す事をやめるのが、そうなるための道です。

でも、そんな簡単にできることではないですよね…。

最初から「英語を英語のまま理解」はできない。

最終的には、英語を英語のまま理解できたほうがイイと私も思っています。

でも、最初から英語を英語のまま理解するのは間違いなく無理です。
主な理由としては、英単語・文法知識が足りないからです。

ここで一度、英語から離れて別の言語で考えてみましょう。
今回は、オランダ語とインドネシア語を使います。

「英語を英語のまま理解しよう!」という状況を、
↓↓↓
「オランダ語をオランダ語のまま理解しよう!」「インドネシア語をインドネシア語のまま理解しよう!」にあてはめてみましょう。

まずは、こちらの単語をご覧ください。

  • dank u
  • Goedemiddag

これはオランダ語です。

おこの
おこの
は?なにこれ?

次にこちらの単語をご覧ください。

  • Ganteng

これはインドネシア語です。

おこの
おこの
ぐてんぐ?????
グテングってなに??

どうですか?
単語を見て意味がわかりましたか?

  • dank u → ありがとう
  • Goedemiddag → こんにちは
  • Ganteng → ハンサム

私はグーグル翻訳で初めて意味を知りました。
「Ganteng??グテングってなに??」ってなってる状態で、ずーっとGantengを見続けても意味は一生わからないと思います。

英語でもまったく同じです。

英単語を聞いて「ん?なんつった??」ってなってる状態で、どんだけ英語を聞いても理解できません。

これでは、英語を英語のまま理解するどころではない!!!

だから、単語力・文法力をきちんと理解することから始めます。

わたしが経験した「英語を英語のまま理解」できるようになるプロセス

「英語を英語のまま理解」できるようになるために、最初は日本語を使って英単語・英文法を学ぶ必要があります。

英語を英語のまま理解するためには、ある程度の英語力がないとできません。
言葉の意味を理解してないと、そもそも考える行為すらできません。

なので、最初は日本語を使って英単語・英文法を学ぶことから始まります。
その後、少しずつ英語を英語のまま理解するようにしていきます。

英単語を覚える

英単語の意味を日本語で言えるように暗記していきます。
わたしは、単語帳を使って 英単語→日本語 で覚えてました。

こうしてまずは、日本語を使って英単語を増やしていきます。

英単語の意味を日本語で言えるようになったら、次にイメージで意味をとらえていくようにします。

● detective

という単語であれば、最初は日本語で「探偵」という意味を覚え、徐々にイメージに変えていくという感じ。

  1. detective
  2. 探偵
  3. pic_17_5

● blush

という単語であれば、

  1. blush
  2. 顔を赤らめる
  3. pic_17_4

英単語を聞いたときにイメージに置き換わるようにしていきます。

これを繰り返し行っていると、日本語に訳さなくても英単語の意味がとれるようになります。

英文法を学ぶ

ここまで英単語だけに注目してきましたが、文章の時も手順は基本的に同じです。

  1. 英文を読む
  2. 日本語で意味を理解する
  3. どんな内容なのかイメージを思い浮かべる

たとえば、

I am playing tennis.

といった英文をみたとき。

  1. I am playing tennis.
  2. 私はテニスをしています。

このような手順で、最終的にイメージで意味をとらえるようにしていきます。

じゃあ、なんで英文法が必要なの??
それは、英語を正確に読めるようにするためです。

英文法とは、ネイティブがどのように英語を読み、英語を聞き、意味を理解しているかまとめたものでもあります。

単語の意味をくっつけて「こんな意味かな〜?」
なんてテキトーにやってると、全然ちがう時があったりします。

おこの
おこの
日本語訳をみたら、自分が思ってるのと全然がちがった!

そんな経験ないですか?

これは、正しく英文を読めていないのが原因です。

「英語を英語のまま理解する」ために、まずは英文を正しく読めるようにしなければいけません。
なので、英文法めっちゃ大事です!

英文法はヒジョーにとっつきにくいですが、やるとやらないとでは差がでてきます。

英語のまま英語を理解することのメリット

英語のまま理解できるようになると、英語を読むスピードが上がります。
日本語に訳す必要がなくなるので、その分速くなります。

読むスピードが上がると、TOEICや英検でかなり有利に!
TOEICのリーディングって時間カツカツじゃないですか。

おこの
おこの
時間がたらなくなったら、最終的に塗り絵ですよね〜

最後に

最初から「英語を英語のまま理解する」ことはできません。
まずは、英語の知識をつけることから始まります。

毎日コツコツと積み上げていけば、確実にできるようになります(°∀°)b

おこのp
おこのp
ここまでよんでいただき、ありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください