英語勉強法

【効果的な音読のやり方】英文の音読で効果をだすためのステップ【英語独学初心者向け】

【効果的な音読のやり方】英文の音読で効果をだすためのステップ【英語独学初心者向け】

こんにちは、おこのです。

この記事では、英語初心者向けの効果的な音読のやり方をまとめました。

  • 音読が英語学習にいいって聞くけど、どうやればいいのかわからない。
  • 音読をやってみたけど、このやり方でいいのかわからない。

このような疑問をお持ちであれば、ぜひこの記事を参考にしていただければと思います。

この記事を書いた人:おこの

独学で英語の勉強をして、

TOEIC945(最高点)
英検1級合格

おこの(@okono_eigo)

音読のステップ

音読のやり方【手順】

「音読が英語学習にいいよ」ってことは、今日までさんざん言われています。
ぼくも、音読はすごく効果的な学習法だと思います。

しかし、テキトーに音読しても効果は得られません。

以下に音読の手順をまとめました。

  1. 音読する英文を理解する
  2. 意味を理解しながら音声を聞く
  3. 1人で音読する
  4. 音声と一緒にテキストを見て音読する
  5. シャドーイング

① 音読する英文を理解する

まずは、音読する英文を理解することからはじめます。

音読する前に、使われている文法・単語の意味・本文の内容を明確にします。
つまり、リーディングです。
日本語訳を頼りにして、なんでこういう意味になるのか文法・単語の分析です。

よくわからない英語を音読しても、結局なにを音読しているのかわからずじまいです。

② 意味を理解しながら音声を聞く

文法・単語・内容を理解したら、次は本文の音声を聞ききながら内容を理解します。
この時に、テキストは見てOKです。

音声を聞きながら、目で英語の文を追って内容を理解します。
英文を声にだして読まなくて大丈夫です。
何回も音声を聞きまくりましょう。

余裕がでてきたら、発音にも注意を払いながら聞いてみてください。

③ 1人で音読する

つぎは、1人で音読をします。
1人で音読というのは、音声は流さずに自分だけ声をだして音読をするということです。

音読するときは、ただ声にだして読むだけではいけません。
①でおこなった文法・単語・本文の内容を意識して音読をします。

ちゃんと考えながらですね。

④ 音声と一緒にテキストを見て音読する

つぎは、音声と一緒にテキストを見ながら音読をします。

音声とかぶせながら音読です。
もちろん、文法・単語にも注意を払いながら行います。

もし、音声が速くて付いていけないと感じた場合は、③に戻って1人で音読をします。

余裕がでてきたら、音声と自分の発音の違いをチェックします。
ネイティブのように発音するのは至難の技です。
自分の発音を音声に近づける気持ちで練習です。

イヤホンをつけて音声を聞くときは、片耳だけにつけることをおすすめします。

両耳にイヤホンをつけて音読をすると、自分の声が聞こえずらいです。
片耳のみだと、音声と自分の声がバランスよくきこえるのでおすすめです。

⑤ シャドーイング

最後にシャドーイングです。

ここでは、テキストは見ずに音声を追いかる形で英語を声にだします。
つまり、流れてきた音声を真似するということです。

シャドーイングの段階までくると、本文の文法・単語はすでに理解できていると思います。

イヤホンをつけてシャドーイングするときは、先ほどと同じく片耳だけにつけることをおすすめします。

両耳にイヤホンをつけて音読をすると、自分の声が聞こえずらいです。

ここまでが、音読学習の一連の流れです。

以下には、まちがった音読方法をまとめました。

まちがった音読方法

× よくわからないまま、とりあえず音読

音読する英文がよくわからないけど、とりあえず音読する。
これはいけません。

ただ音読すれば良いというわけではありません。
理解できていない部分があれば、音読をする前に解決しておくべきです。

おこの
おこの
音読の前に、文法・単語・内容を理解することが優先です。

× とりあえず日本語訳を暗記

「長文の内容は、日本語訳の暗記でいいか!」
これはダメです。
使える英語にはなりません。

ちゃんと英文を理解しないと、その場限りの音読になってしまいます。
文法・単語の知識は、他の長文を理解するにあたって役立ちます。

決して暗記がダメということではありません。
しっかりと文法・単語を理解した上で暗記することは大切です。

おこの
おこの
文法・単語・内容も理解しないまま暗記はダメ

× 難しい英語の文を音読する

音読する英文は、今の自分のレベルよりも下のものを選びましょう。

自分のレベル以上のものだと、文法・単語の理解が難しいからです。
まだ中学英文法を勉強しているのに、大学受験対策用の長文を音読するのは無謀です。

おこの
おこの
使われている文法がよくわからない場合は、暗記に走る可能性が高くなります。

× テキトーに音読する

何回も同じ英文を音読してくると飽きてきます。
飽きてくると、ボーっとしながら音読してることが結構おこります。

無能で音読してる感じです。
ぼくも飽きてくると、無能で音読してることがあります。

当然、これはよくありません。
テキトーになんにも意識せず音読しても得られるものはほとんどありません。

ボーっとしてるなって思ったら、気持ちを切り替えて集中モードにはいりましょう。

おこの
おこの
休憩を入れることも大事ですよ!

× 一気にやろうとする

一気にやるのではなく、日にちをあけながら完成させることをおすすめします。

たとえば、ある英文を「50回音読する」と決めたとします。
これを、1日で50回音読するのはおすすめしません。

分けて音読をしたほうが良いですね。

たとえば、

  • 1日目に15回音読をする。
  • 2日目に10回音読をする。(合計25回)
  • 4日目に10回音読する。(合計35回)
  • 1週間目に10回音読する。(合計45回)
  • 1ヵ月後に5回音読する。(合計5回)

といったように、日にちをあけて音読を完成させていきます。
日にちをあけて定期的に復習するほうが、定着率もあがります。

1日に50回やるってめっちゃ大変です。
また、復習もしないと忘れちゃいますし。

まとめ

音読の手順は、こちら

  1. 音読する英文を理解する
  2. 意味を理解しながら音声を聞く
  3. 1人で音読する
  4. 音声と一緒にテキストを見て音読する
  5. シャドーイング

効果が得られない音読のやり方はこちら×

  • 一気にやろうとする
  • テキトーに音読する
  • 難しい英語の文を音読する
  • とりあえず日本語訳を暗記
  • よくわからないまま、とりあえず音読

英会話の勉強まとめ記事もぜひ参考にしてみて下さい。

【だれにでも出来る】独学で英会話を勉強する方法。【初級レベルから順番に解説】こんにちは、おこのです。 この記事では、独学で英会話を勉強する方法をまとめました。 実際にぼくが使った教材・やり方をもとに書...

 

ABOUT ME
okono
okono
大好きな洋書読みと単語覚えをメインに、英語力を伸ばしています。 ただの高卒が英語の勉強をして → 目標だったTOEIC900点以上・英検1級合格を達成☆ / いまはTOEIC990点を目指しています。勉強がつらい時もあるけど、毎日コツコツ勉強してます!英語学習に関することを中心に書いています。
こちらの記事もおすすめ!
英語勉強法

【約2200時間】英語初心者からTOEIC900点までの勉強時間は、約2200時間【ここまでかかった理由の分析をしてみた】

2020年2月9日
ゼロから始める英語独学ブログ【TOEIC・英会話の勉強まとめ】
こんにちは、おこのです。 「英語初心者からTOEICで900点とるまでどれくらい時間かかるんだろう?」 って思ったことありませんか? …
英語勉強法

人生で大切な事は全て英語学習から教わった

2015年10月1日
ゼロから始める英語独学ブログ【TOEIC・英会話の勉強まとめ】
私の場合、英語学習が人生を変えたと言っても過言ではありません(・∀・) 学習を始める前までは想像もつかなかった新しい自分に出会うことができました(笑) 英語学習をすれば …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください