英文法まとめ

ゴリラでも分かる比較の文法【かんたん3用法】

中学英文法比較

比較には、3つの用法があります。

  1. 比較級
  2. 最上級
  3. 同等比較

どれも比較の文法ですが、使い方・意味がちがいます。

このページでは、比較の3用法をまとめました。

それでは、いってみよう!

中学英文法比較

比較の3用法

まずは、3つの用法を日本語でみてみましょう。

① 比較級

比較級は、2つのものを比べる時につかいます。

たとえば、

  • ケンはユミよりも背が高いです。
  • このペンは、あのペンよりも長いです。

② 最上級

最上級は、3つ以上のものを比べる時につかいます。

たとえば、

  • ケンは私のクラスで一番背が高いです。
  • ケンは3人の中で一番背が高いです。

③ 同等比較

同等比較は、「~と同じだよー」って言う時につかいます。

たとえば、

  • ケンとアキラは同じくらいの背の高さです。
  • ケンはあなたと同じくらいはやく走ります。

では、日本語を英語にかえていきます。

比較級

中学英文法比較級

-er + than (~よりも…です)

比較級は、「-er + than」で表します。

  • Ken is taller than Yumi. (ケンはユミよりも背が高いです。)
  • This pen is longer than that one. (このペンは、あのペンよりも長いです。)
  • You run faster than Yumi. (あなたはユミよりも速く走ります。)
one ⇒ 一度でた単語をさしている。
例文だと one(= pen)

This pen is longer than that pen.

このように、「-er + than」で2つのものを比べています。

more + 〇〇〇 + than

-er + than のほかに、「more + 〇〇〇 + than」であらわす比較級もあります。
意味は同じです。

これは、-er をつける単語がながい時につかうパターン。

たとえば、次の文。

  • Math is more difficult than English. (数学は英語よりも難しいです。)

difficult って単語が長いから -er を付けるかわりに、more をつかっています。

× Math is difficulter than English. (数学は英語よりも難しいです。)

difficult に er をつけて、比較級にはできない。

また、〇〇〇 の部分はそのままの形をいれます。
そのままの形とは、-er とか -est がついてない形です。

 

× Ken is more tall than Yumi. (ケンはユミよりも背が高いです。)

tall には -er が付けれます ⇒ taller

-er が付けれるときは、more じゃなくて -er つけます。

最上級

中学英文法最上級

the + -est + in か of (いちばん~です)

最上級は、「the + -est + in か of」で表します。

  • Ken is the tallest in my class. (ケンは私のクラスで一番背が高いです。)
  • Ken is the tallest of the three. (ケンは3人の中で一番背が高いです。)
  • Mt.Fuji is the highest mountain in Japan. (富士山は日本で一番高い山です。)
  • Ken runs the fastest in my class. (ケンはわたしのクラスの中で一番はやく走ります。)
  • Mt. ⇒ Mount (山) の省略形
  • high ⇒ 高い
  • all ⇒ 全て
  • subject ⇒ 教科

このように、「the + -est + in か of」で3つ以上のものを比べています。

in と of のつかい分け方は、

  • in ⇒ うしろの単語が単数をあらわす
  • of ⇒ うしろの単語が複数をあらわす

うしろの単語で使い分けます。

  • Ken is the tallest in my class. (my class は、単数をあらわす。)
  • Ken is the tallest of the three. (the three は、複数をあらわす。)
  • Mt.Fuji is the highest mountain in Japan. (Japan は、単数をあらわす。)
  • Ken runs the fastest in my class. (my class は、単数をあらわす。)

the + most + 〇〇〇 + in か of

the + -est + in か of のほかに、「the + most + 〇〇〇 + in か of」であらわす最上級もあります。
意味は同じです。

これは、-est をつける単語がながい時につかうパターン。

おこの
おこの
比較級の「more + 〇〇〇 + than」と同じ要領だね。

 

たとえば、次の文。

  • Math is the most difficult of all subjects. (数学は全ての教科で一番難しいです。)

difficult って単語が長いから -est を付けるかわりに、most をつかっています。

× Math is the difficultest of all subjects. (数学は全ての教科で一番難しいです。)

difficult に est をつけて、最上級にはできない。

また、〇〇〇 の部分はそのままの形をいれます。
そのままの形とは、-er とか -est がついてない形です。

 

× Math is the more difficult of all subject. (数学は全ての教科で一番難しいです。)

more は比較級の時につかうやつ!
最上級は、 most!

 

× Ken is the most tall in my class. (ケンは私のクラスで一番背が高いです。)

tall には -est が付けれます ⇒ tallest

-est が付けれる場合は、most じゃなくて -est つけます。

 

× Ken is tallest in my class. (ケンは私のクラスで一番背が高いです。)

the を忘れてる。
the + -est + in か of (the + most + 〇〇〇 + in か of)

同等比較

中学英文法同等比較

as + 〇〇〇 + as (~と同じくらい…です)

同等比較は、「as + 〇〇〇 + as」で表します。

  • Ken is as tall as Akira. (ケンとアキラは同じくらいの背の高さです。)
  • This pen is as long as that one. (このペンはあのペンと同じくらいの長さです。)
  • Ken runs as fast as you. (ケンはあなたと同じくらいはやく走ります。)

このように、「as + 〇〇〇 + as」は同じってことをあらわします。

× Ken is as taller as Akira. (ケンとアキラは同じくらいの背です。)

「as + 〇〇〇 + as」の 〇〇〇 の部分はそのままの形をいれます。

そのままの形とは、-er とか -est がついてない形です。

比較がある文の疑問文・否定文

比較の文を疑問文・否定文にしてみます。

be動詞の場合

たとえば、この文。
Ken is taller than Yumi. (ケンはユミよりも背が高いです。)

この文の動詞は、be動詞の「is」です。

なので、

  • 疑問文をつくる時は、 is を文の最初にもってくる。
  • 否定文をつくる時は、 is のうしろに not をもってこればOKです。

疑問文:be動詞を文の最初にもってくる

  • Ken is taller than Yumi. (ケンはユミよりも背が高いです。)
    ⇒ Is Ken taller than Yumi? (ケンはユミよりも背が高いですか?)

 

  • Math is more difficult than English. (数学は英語よりも難しいです。)
    ⇒ Is math more difficult than English? (数学は英語よりも難しいですか?)

 

  • Ken is the tallest in your class. (ケンはあなたのクラスで一番背が高いです。)
    ⇒ Is Ken the tallest in your class? (ケンはあなたのクラスで一番背が高いですか?)

 

  • Math is the most difficult of all subjects. (数学は全ての教科で一番難しいです。)
    ⇒ Is math the most difficult of all subjects? (数学は全ての教科で一番難しいですか?)

 

  • Ken is as tall as Akira. (ケンとアキラは同じくらいの背の高さです。)
    ⇒ Is Ken as tall as Akira? (ケンとアキラは同じくらいの背ですか?)

 

否定文:be動詞のうしろに not をつける

  • Ken is taller than Yumi. (ケンはユミよりも背が高いです。)
    ⇒ Ken isn’t taller than Yumi. (ケンはユミよりも背が高くありません。)

 

  • Math is more difficult than English. (数学は英語よりも難しいです。)
    ⇒ Math isn’t more difficult than English. (数学は英語よりも難しくありません。)

 

  • Ken is the tallest in your class. (ケンはあなたのクラスで一番背が高いです。)
    ⇒ Ken isn’t the tallest in your class. (ケンはあなたのクラスで一番背が高くありません。)

 

  • Math is the most difficult of all subjects. (数学は全ての教科で一番難しいです。)
    ⇒ Math isn’t the most difficult of all subjects. (数学は全ての教科で一番難しくありません。)

 

  • Ken is as tall as Akira. (ケンとアキラは同じくらいの背の高さです。)
    ⇒ Ken isn’t as tall as Akira. (ケンとアキラは同じくらいの背の高さではありません。)

一般動詞の場合

You run faster than Yumi. (あなたはユミよりも速く走ります。)

この文の動詞は、「run」です。
run は一般動詞ですね。

なので、一般動詞の疑問文・否定文の作り方をすればOK!

疑問文:Do / Does / Did ~~~?

  • You run faster than Yumi. (あなたはユミよりも速く走ります。)
    ⇒ Do you run faster than Yumi? (あなたはユミよりも速く走りますか?)

 

  • Ken runs the fastest in your class. (ケンはあなたのクラスの中で一番はやく走ります。)
    ⇒ Does Ken run the fastest in your class? (ケンはあなたのクラスの中で一番はやく走りますか?)

 

  • Ken runs as fast as you. (ケンはあなたと同じくらいはやく走ります。)
    ⇒ Does Ken run as fast as you? (ケンはあなたと同じくらいはやく走りますか?)

 

否定文:don’t / doesn’t / didn’t

  • You run faster than Yumi. (あなたはユミよりも速く走ります。)
    ⇒ You don’t run faster than Yumi. (あなたはユミよりも速く走りません。)

 

  • Ken runs the fastest in your class. (ケンはあなたのクラスの中で一番はやく走ります。)
    ⇒ Ken doesn’t run the fastest in your class. (ケンはあなたのクラスの中で一番はやく走りません。)

 

  • Ken runs as fast as you. (ケンはあなたと同じくらいはやく走ります。)
    ⇒ Ken doesn’t run as fast as you. (ケンはあなたと同じくらいはやく走りません。)

 

Yes / No の答え方

  1. Does he run the fastest in your class? (彼はあなたのクラスの中で一番はやく走りますか?)
  2. Do you run faster than Yumi? (あなたはユミよりも速く走りますか?)
  3. Does Yumi run faster than Akira? (ユミはアキラよりも速く走りますか?)
  4. Is he taller than Yumi? (彼はユミよりも背が高いですか?)
  5. Is math more difficult than English? (数学は英語よりも難しいですか?)

これらの疑問文に Yes / No で答えていきましょう。

Yes / No の答え方の法則

法則は、

  1. 疑問文の主語の代名詞
  2. 聞かれたもので答える

① Does he run the fastest in your class? (彼はあなたのクラスの中で一番はやく走りますか?)

  1. 主語は ⇒ he
  2. 聞かれたものは ⇒ Does

主語 he は代名詞なので、このまま使います。

答え方は、

  • Yes, he does.
  • No, he doesn’t. (does not)

× Yes, he is / No, he isn’t

Does で聞かれてるから is / isn’t で答えれない。

② Do you run faster than Yumi? (あなたはユミよりも速く走りますか?)

  1. 主語は ⇒ you
  2. 聞かれたものは ⇒ Do

主語が You の場合は ⇒ I に変えます。

「あなたは〇〇〇ですか?」
と聞かれてるので、
「はい、私は〇〇〇です。」

となります。

答え方は、

  • Yes, I do.
  • No, I don’t. (do not)

③ Does Yumi run faster than Akira? (ユミはアキラよりも速く走りますか?)

  1. 主語は ⇒ Yumi
  2. 聞かれたものは ⇒ Does

この文は、主語がユミ(人の名前)です。
なので、ユミを代名詞にかえます。

Yumi(ユミ) ⇒ she(彼女)

これで答えます。

  • Yes, she does.
  • No, she doesn’t. (does not)

× Yes, Yumi does.
× No, Yumi doesn’t.

人の名前はそのまま使えません。

代名詞に変えないとダメ。

④ Is he taller than Yumi? (彼はユミよりも背が高いですか?)

  1. 主語は ⇒ he
  2. 聞かれたものは ⇒ Is

 

  • Yes, he is.
  • No, he isn’t. (is not)

⑤ Is math more difficult than English? (数学は英語よりも難しいですか?)

  1. 主語は ⇒ math
  2. 聞かれたものは ⇒ Is

math(数学)を代名詞に変えて ⇒ it

  • Yes, it is.
  • No, it isn’t. (is not)

まとめ

中学英文法比較

これで比較はおしまい~

おこの
おこの
おつかれさまでした~
英文法
英文法まとめノート英文法を簡単にまとめたページです。 例文も簡単・単語も簡単なものしか使っていません。 わたしは昔、英文法が超嫌いでした。 ...
ABOUT ME
okono
okono
大好きな洋書読みと単語覚えをメインに、英語力を伸ばしています。 ただの高卒が英語の勉強をして → 目標だったTOEIC900点以上・英検1級合格を達成☆ / いまはTOEIC990点を目指しています。勉強がつらい時もあるけど、毎日コツコツ勉強してます!英語学習に関することを中心に書いています。
こちらの記事もおすすめ!
英語の基本 TOEIC600点・英検2級の対策

絶対に知ってないとダメ!英語初心者が文法を学ぶ前に知っておくべき事とは?

2018年12月22日
ゼロから始める英語独学ブログ【TOEIC・英会話の勉強まとめ】
中学英文法を学ぶ前に、必ず知っておきたい基本知識をまとめたページです。 この基本知識を知っているのと、知らないとでは後で差がでてきます …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください