洋書選びに、電子書籍(Amazon Kindleストア)という選択肢を。安く、種類豊富な洋書が買える!


pic_101_13

今や、スマホ・タブレットを持っていることが当たり前の時代になりました。
そんなこともあり、モニターを通して文字を読むことが多くなったのではないでしょうか?

言いかえれば、目ん玉を酷使する時代になったともいえます。

pic_101

しかし、PC眼鏡や、目にやさしい画面なんかもどんどん登場しましたね!

目ん玉のことはさておき、
電子書籍がどんどん出版されています。
紙の本ではなく、デジタルの本ですね!

・紙を一切使わないエコフレンドリーで、
・本としての形がないので場所をとらず、
・何十冊、何百冊と持ち運びができる、
電子書籍です(°∀°)b

種類豊富で、安い、という最大のメリットがあるので
電子書籍は多読用の洋書にめちゃめちゃ向いてるんです(°∀°)b

電子書籍は、スマホ、タブレット、パソコンで読むことができます!

この記事では、洋書を電子書籍版で買う方法をまとめてみました(・∀・)

Amazonのキンドル[Kindle](Amazonの電子書籍)

いろんな会社が電子書籍を出版していますが、Amazonの電子書籍(Amazon Kindle)が一番お手軽です(°∀°)b
本の種類もカナリあるので、好きな本・興味のある本が見つかりやすです。

pic_101_2

(クリックで拡大します。)

Amazon Kindle(電子書籍)はスマホ・タブレット・パソコンで読むことができる

Amazonの電子書籍は、スマホ・タブレット・パソコンで読むことができます。

電子書籍を読む機械として「電子書籍リーダー」というモノがありますが、電子書籍リーダーがなければその他のデバイス(スマホ・パソコン・タブレット)でもOKです!

Amazon Kindleのアプリをダウンロードする

スマホ・タブレット・パソコンでAmazon Kindleを読む場合は、Kndleアプリをダウンロードする必要があります。
Kndleアプリは無料です(°∀°)b

i phoneでダウンロード

i phone では、App Storeで「Amazon Kindle」と検索!

pic_101_6

(クリックで拡大します。)

アンドロイドでダウンロード

アンドロイドでは、Googleストアで「Amazon Kindle」と検索!

pic_101_3

(クリックで拡大します。)

パソコンでダウンロード

パソコンでKindleを読む際は、以下のサイトからダウンロードすることができます。

→ 【ウインドウズ】Kindle for PC (Windows) [ダウンロード]

→ 【マック】Kindle for PC (Mac) [ダウンロード]

Kindleの準備ができたら、さっそく洋書探しへ!

Kindleの準備が整ったら、洋書探しの旅へレッツゴーぉぉぉおおおおお!!

最初に、アメリカのAmazon Kindleストアをチェックします(°∀°)b
買うときは日本のKindleストアで購入しますが、洋書を探すときはアメリカのKindleストアのほうが探しやすいので、コチラで検索します!

→ アメリカのAmazon Kindleストア(Kindle eBooks)

ベストセラー、セール本を見る!

アメリカのアマゾンKindleストアにアクセスしたら、ベストセラー、セール本を見てみましょうヽ(゜▽、゜)ノ

→ ベストセラー(Amazon Best Sellers)

→ セール本(Monthly Deals in Kindle Books)

ベストセラー、セール本から気になったもの・レビューの多いものをチェックしていきます(°∀°)b

アメリカAmazonのレビュー数は日本に比べるとハンパないくらい多いです。
超人気のある本なんて、何万とレビューついてるので
「これは、超スーパーウルトラすんげーやつかもしれない!」
と錯覚におちいったりします(‘Д’)

好きなジャンルから選ぶ!

お好きなジャンルから選ぶこともできます(°∀°)b

Kindleトップページの、

  • パソコン画面だと、左側
  • スマホ画面だと、下から

ジャンルがえらべます。

↓パソコン画面↓

pic_101_5

(クリックで拡大します。)

↓スマホ画面↓

(クリックで拡大します。)

 

お好きなジャンルをクリックして、どんどん本を絞りこんでいきます。

 

例として、ここでは「Biographies & Memoirs」のジャンルを見てみましょうヽ(゜▽、゜)ノ
「Biographies & Memoirs」をクリック。

pic_101_9

(クリックで拡大します。)

「Biographies & Memoirs」の中にも→『Arts & Literature』『Ethnic & National』『Historical』・・・
と、さらにカテゴリ分けされています。

pic_101_4

(クリックで拡大します。)

↓スマホ画面では、下のほうでカテゴリ分けされています。

pic_101_8

(クリックで拡大します。)

このように、どんどん本のジャンルを絞っていって、気になる本を探します。

買う前に立ち読みする!

本の中身を試し読みすることができます。

pic_101_12

(クリックで拡大します。)

「Look inside」とついている画像をクリックすれば、試し読みできます(°∀°)b

買う前にチョット中身をのぞいて、内容を軽くチェックしたり、英語が読めるかチェックしてみるのが良いと思います。

レビューを参考にしながら、リーディングの練習!

本を選ぶときには、レビューも参考になります。
そして、英語でレビューされているので、軽いリーディング練習にもなったり(°∀°)b

これぞ生の英語レビュー!

アメリカAmazonのレビュー数は、日本と比べるとめっちゃ多いです。

超人気のある本なんて、何万とレビューついているので
「これは超スーパーウルトラすんげーやつかもしれ(以下省略

アメリカのアマゾンで買いたい本が見つかったら、日本のアマゾンで検索をかける!

気にきになる本がみつかったら、その本のタイトルをコピーして日本のAmazon Kindleで検索をかけます。

→ 日本のAmazon Kindleストア

アメリカのAmazon Kindleストアにある本は、日本のAmazon Kindleストアにも置いてあるのです。

アメリカのKindleストアでそのまま買うこともできますが、
アメリカ用のアマゾンアカウントを作らなきゃいけないのでイロイロとめんどくさいんです( °д°)

ですので、購入する際は日本のAmazon Kindleストアをオススメします。

↓【左】あめ~りかのKindleストア、【右】じゃぱ~んのKindleストア↓

pic_101_11

(クリックで拡大します。) 【左】あめ~りかのKindleストア、【右】じゃぱ~んのKindleストア

あとは、ポチっと購入クリックを押せば購入できます。

電子書籍のデメリット

イイところもあれば、ワルイところもあるように、
電子書籍にも、いくつかデメリットがあります。

デメリットだと感じるのは個人差がありますが、
わたしが電子書籍を読んでいて感じたデメリットを可愛く言うと

  • ページ送りが不便だわ!
  • 紙が恋しいわ!
  • 目が疲れるわ!

といったことです。

● ページ送りが不便だわ!

電子書籍は紙の本みたいにパラパラめくることができないのよ。
ページを一気にバーって飛ばしたり、一気にガーって戻ったりするときがチョイと不便だったりするわ~。

ページ送り機能が付いてたりするケド、それでも紙の本に比べるとチョットめんどいカモー。
でもね、機能の開発が進んで、このデメリットは今後解消されたりしちゃったり!?!?(・∀・)

● 紙が恋しいわ!

紙の本で読むことがいままで多かったから~、電子書籍ばっか読んでると紙の本が恋しくなってくるよ(´・ω・`)

● 目が疲れるわ!

やっぱりモニターをずっと見ていると目がチッカチカ・バッチバチしてくるわよね!

電子書籍のメリット

デメリットだけじゃなく、メリットもありますわよー!

  • すぐ手に入るわ!
  • 持ち運びが便利ざます!
  • 場所をとらないわよ!
  • 知らない単語はすぐに調べられるだよ!

● すぐ手に入るわ!

Amazonでポチッて買ったら、すぐその場で手に入るわ!
本屋で探す必要もなければ、ネットで買った本をおうちで待つ必要もなくなるのよ。

● 持ち運びが便利ざます!

Kindleが読めるデバイス(スマホ・タブレット・パソコン)を持ち運ぶだけで、本も持ち運んでいることになるザマス!
旅行先、出かけ先、地球の裏側、上空3000m、南国のビーチにいても、スマホがあれば本が読めちゃうザマス(°∀°)b

● 場所をとらないわよ!

紙の本は、本棚に片づけなきゃいけないですよねー。
でも、電子書籍だと本の形がないのでしまう場所を必要としないんです!
チョット家が広くなる・・・カモカモだよー!(ローラ風に)
(カモカモだよ・・・・・)

● 知らない単語はすぐに調べられるだよ!

知らない単語をドラッグすれば、単語の意味がすぐにでてくるだよ!
わざわざ意味を調べる必要がなくなるので楽できちゃいますだよ!

最後のまとめ

100円、200円、300円という破格の値段で電子書籍が売っているときもあるので、
機会があれば、ぜひ試してみてください(°∀°)

最後の可愛い口調にも付き合って頂き、ありがとうございました(__)

関連記事

→ 【洋書100万語】2ヵ月、30冊読破で100万語達成!費やした時間246時間57分


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です