知っていると便利!「〜がある」っていう英文法を3秒でつくる


pic_74_4

「◯◯が△△にあった」や「私の部屋にテレビがなくてさー」
といった表現ができる、知っておくと便利な「There is(are)」の使い方をイケメンと一緒に見ていきましょうヽ(゜▽、゜)ノ

There is (are)「〜がある」といった文法は非常に便利な表現です(°∀°)b

日本語でもよく、
「◯◯があそこにあってさー!」
といった内容を言うことがあるのではないでしょうか。
こんな感じで使えちゃう(まぁまぁ)非常に便利な表現です。

【作り方】There is (are)クッキング

作り方はいたって簡単!
「3分」ではなく「3秒」でできちゃいます(°∀°)b

pic_74_5

今回は、
「私のクラスにはクールな男がいます」
といった英文をつくっていきましょう!

3秒「There is 文法」クッキング

1秒目「There is」を言う

実際に英会話で「There is」の文法を使っているシチュエーションでみていきましょうヽ(゜▽、゜)ノ

まずは、「There is」をバッっとかっこよく言います。

There is
(ゼアー イズ)

pic_74_2

これを言うことによって「〜がある」といった意味が言えます。

2秒目「クールな男」を言う

さきほど言った「There is」の後ろに「a cool guy」を付け足します。

「There is / a cool guy」
(ゼアー イズ ア クール ガイ)

pic_74_3

There isの文法は特殊で、There is の後に主語が入ります。
(この英文では「a cool guy」が主語)

完成までもうひと頑張りです!

3秒目「私のクラスには」を言う【完成】

最後に「in my class」 を付け足して完成!

「There is / a cool guy / in my class.」
(ゼアー イズ ア クール ガイ イン マイ クラス)

pic_74

ボクのことかい ( ´,_ゝ`)ッフ

最初に「There is」を言い、
次に「a cool guy」を付け足して、
最後に「in my class」で締めて完成!

There is a cool guy in my class.
(私のクラスにはクールな男がいます。)

注意点

「There is」のところが「There are」とbe動詞が「are」になることがあります。
これは、主語が複数のときです。

主語が複数のときは「There are」になる

「私のクラスにはクールな男がたくさんいます」

上記の文を英語に訳すと、
「There are a lot of cool guys in my class.」
(a lot of = たくさん)

主語が「a lot of cool guys」と複数なので「are」を使います。

There is の文を過去形にする

次に、「There is(are)」の文を過去形にしてみましょう!

There isの文を過去形にするときは、be動詞を過去形に変えます。

There was a library in my town.
(私の町には図書館がありました。)

また、文が過去形で主語が複数であれば、
There were two libraries in my town.
(私の町には図書館が2つありました。)

と、wereを使います。

時制をまとめると、

/ 現在 過去
単数 There is There was
複数 There are There were

こんな感じになります(・∀・)

そのほかの例文

・There are some books in my bag.
【There are / some books / in my bag.】
(私のかばんの中には何冊かの本がある。)

・There were many kids in the park.
【There were / many kids / in the park.】
(公園にはたくさんの子供たちがいました。)

もしどこかにジャイアン級のイケメンがいたら使いたい例文です(°∀°)b

pic_73_3

最後に

3秒クッキングをどうぞヽ(゜▽、゜)ノ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です