webでの英語勉強を「超」効率化させる!1秒もムダにしない単語の調べ方!


pic_93_8

今やネットで文字を読むことが増えました。
英語もネットで手軽に読むことができちゃいます(・∀・)
Google検索ボックスに英語を入力して検索をかければ、英語のページがずらーりとでてきます。

CNNBBCなどの英語ニュースサイトもネットで読むことができます。

そして、でてきた英語のページを読めばリーディングの練習に!

今回は、この「英語のwebページを効率的に勉強する方法!」をまとめてみました。
特に、単語調べの効率化です!
ちょっとしたボタンを押すだけでカナリ楽に単語を調べることができ、さらには1、2秒節約することができますよ!

「1、2秒かよ!」って思われたあなた!
「塵もつもればゴミとなる」と言うじゃないですか。
いえ、塵もつもれば山となると言うじゃないですか!

それよりも、調べるのが楽になるほうが利点だったりします。
何回も何回も単語調べをしてると結構疲れてくるかと思います。
なので、webページを使って英語学習をやるときに覚えておきたいパソコン操作をまとめてみました。

これで楽になって、数秒確保できる!!

単語を調べを素早くする!

英語のサイトを見ていて、知らない単語を調べるときは、
・単語をドラッグして、
・右クリックを押して、
・英語辞書のwebページ開いて、
・検索をかける
みたいな感じではないでしょうか?

pic_93_gif

(ちょっとめんどくさくなったりする…)

もちろん、これでもまったく問題ありません。
でも、ここを少し改善して単語調べを速攻でやってしまいましょう!

単語調べを速攻でやる!

単語調べを速攻でやる手順は、

  1. 調べたい単語をダブルクリックする
  2. 「コントロール + C」でコピーをする(Macの場合は、「コマンド + C」)
  3. 英語辞書のwebページを開く
  4. 英語辞書の検索ボックスにカーソルを持ってきて「コントロール + V」で貼り付ける(Macの場合は「コマンド + V」)
  5. 「Enterキー」 を押す or 「検索ボタン」をクリックする

これで数秒確保できます(°∀°)b

「数秒かよ!」と思ったそこのあなた!

「塵もつもればゴミとなる」
いえ、塵もつもれば山となる!ですよ(°∀°)b

手順を順番に見ていきましょうヽ(゜▽、゜)ノ

①調べたい単語をダブルクリックする

調べたい単語をダブルクリックすれば、単語を選択することができます。
これは非常に楽なんですよ〜

ドラッグって結構慎重にやるじゃないですか ^^;(苦笑)
慎重にやりすぎて、手がガクガクブルブル震えることもあるかと思います。
(あるとしましょう!!)

そうすると、ドラッグの範囲が場外にいってしまうんです。
↓ こんな感じです↓

pic_93_6-1

場外ドラッグ・・・だと!

これをやってしまうと、
「( ´゚д゚)アッラーーーーーー!!!まーたドラッグやらなかんやんけ!」
ってチョットキレ気味になると思います。

pic_93_7

 

そこで場外もせず、調べたい単語だけを速攻で選択する方法が『ダブルクリック』です。
ダブルクリックをした単語だけを一気に選択できるんです(°∀°)b

pic_93_2_gif

こんなに素早く選択が可能!!
(ちょっとGIFアニメーションのスピードは盛ってあります…)

②「コントロール + C」でコピーをする

選択した文字は、「コントロール + C」でコピーすることができます。
(Macの場合は、「コマンド + C」)

これで素早くコピーをすることができます(°∀°)b

「選択した文字の上で右クリック→コピー」でも出来ますが、マウス操作を慎重に行わなければなりません。
(どんだけ慎重にやるの…)

③英語辞書のページを開く

あらかじめ英語辞書ページを開いておきます。

英語辞書ページはたくさんありますが、わたしのお気に入りは、

  1. アルク
  2. weblio
  3. goo 辞書

アルクの辞書は、検索結果の下に単語の使われ方の例文がでてきます。
単語の意味だけでなく使用例まで確認できるのが好き(○´д`○)ポッ

weblioは、単語の音声が付いているところが好き(○´д`○)ポッ

goo辞書は、「アルク辞書」と「weblio」でしっくりする意味がでてこないときに使っています。
アルク・weblioにはなかった「コレカー!!!」って意味がでてきたりします。
わたしにとって必殺技的な辞書なので好き(○´д`○)ポッ

④英語辞書の検索ボックスにカーソルを持ってきて「コントロール + V」で貼り付ける

コピーした文字は、「コントロール + V」で貼り付けができます。
(Macの場合は、「コマンド + V」)

これで速攻貼り付け!

「右クリック→貼り付け」でも出来ますが、マウス操作を慎重に行わなければなりません。
(だから、どんだけ慎重…)

⑤「Enterキー」 を押す or 「検索ボタン」をクリックする

検索ボックスに文字を入力したら、最後に「Enterキー」を押すか「検索ボタン」をクリックすればOKです(°∀°)b

最後は、2パターン存在します。

  1. 「コントロール + V」で貼り付けたあと、素早く「Enterキー」を押す
  2. 左手で「コントロール + V」で張り付けながら、右手でマウスを操作して「検索ボタン」をクリックする

といった2パターン。

これは、両方とも素早いので、どちらが優れているかを決めるのが難しい(●-`ω´-●)ウム

その他の素早い行動!

検索ボックスにすでに文字が入力されているとき、

pic_93_3

検索ボックスに文字が入っている

(↑こんな感ときです。)これも速攻で消すことができます(°∀°)b

「コントロール + A」で文字を全部選択!

バックスペースで一文字ずつ消すこともできますが、
『そんなの待ってられない!』
ってときは「コントロール + A」を押してみてください!(・∀・)

これでテキストが全部選択することができます(°∀°)b

pic_93_4

「コントロール + A」で文字を全部選択

「コントロール + A」で全部選択したら…バックスペースは押さない!

文字を全部選択したら、次はバックスペースを押して全部削除…

したいところですが、ここは押しません。

選択した状態で次の調べたい単語を貼り付けます。

手順はこんな感じ。

  1. 検索ボックス内にカーソルをもってきて「コントロール + A」で文字を全部選択
  2. 次に、調べたい単語を「コントロール + V」で貼り付け

です(°∀°)b

「バックスペースで文字を削除してから→次の単語を貼り付け」をしなくても大丈夫です。
文字が全部選択されている状態で貼り付けをすれば上書きみたいなことができます。

pic_93_3_gif

「コントロール + A」で文字を選択して→「コントロール + V」で文字を貼り付け!

これで1秒ぐらい短縮できます!

「1秒!?」と思ったあなた!
塵もつもれば…ですよ(°∀°)b

さいごに

辞書で調べる回数が多くなると、結構疲労してくるかと思います。
ぜひ、これらのコマンドを一度使ってみてください。

これで少しでも単語調べが楽になれば幸いです。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました(__)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です