He’sの「’s」は「is」だけじゃない!短縮形のまとめ


pic_107_3

短縮形ってエコですよね!
なんたって短くなるから、ちょっとだけ省エネ!

この記事では、省エネになる短縮形をまとめてみました(・∀・)

短縮といっても数多くの短縮方法があります。

「He‘s…」「She‘s…」と聞けば、「He is…」「She is…」の短縮形だと察する!
でも、「He is…」「She is…」以外にも「He’s…」「She’s…」と短縮されるモノがあります。

そして、「Let’s(~しよう)」は、「Let is」の短縮形ではない!

他にも、カジュアルな英会話でよく使われる短縮形もあります。

「He’s」は「is」以外も短縮される

  • He is…
  • He has…

どちらも「He’s」と短縮することができます。

同じだったら見分けがつかんやんってヤツです!
事実、「He’s」だけでは、

  • He is …なのか、
  • He has …なのか

わかりません( °д°)
これだけの情報では判断できません。

なので、「He’s」のあとに続く単語を見る必要があります。

He‘s a teacher. (He is a teacher.)
(彼は先生です。)

上の文の「He’s」は「He is」の短縮形です。

He‘s lived in Japan for 100 years.(He has lived in Japan for 100 years.)
(彼は、100年間日本に住んでいます。)

pic_107

(こんにちは、長寿です)

上記の文の「He’s」は「He has」の短縮形です。
使われている文法は、現在完了形(°∀°)b

  • He’s → He is(be動詞の短縮)
  • He’s → He has(現在完了形の短縮)

の見分け方は、

  •  He’s の後に名詞や形容詞などがきている →【He is とbe動詞が短縮されている】
  •  He’s の後に過去分詞がきている → 【He has と現在完了形で使われている】

「’s」の次にきている単語でどっちの短縮なのかわかります!

Let’sの短縮形は「Let is」じゃない!

  • He’s → He is
  • She’s → She is

といった感じに、「Let’s」も

  • ×Let’s → Let isなんでしょう?えぇ( °д°)!?

と、そのままの流れできてしまいそうですが、「Let’s」の「’s」は「is」ではありません。

「Let’s」の「’s」は「us」が短縮されています(°∀°)b

Let’s go.(Let us go.)
(いっしょに行きましょう。)

「let」は、「~するのを許す・させる」と言った意味の動詞です。
上記の文を直訳すれば、「Let (させる)us (私たちを)go(行く)」
「us(私たち)」は、私(自分自身)を含めた複数形の代名詞です。

「Let’s」を使ったおかしな文

「Let’s」は<let>と<us>の短縮

なので、「Let’s go with me.」や「Let’s join us!」といった表現はおかしな表現になっちゃうのです。

「Let’s (Let us) go whis me」には、「us(私たちを)」と「with me(私と一緒に)」がはいっています。
ということは、「<私たちを><私と一緒に>行きましょう!」という意味になっちゃいます。
「us」の中に「わたし」が含まれているので「with me」は不要になります。

同じように、「Let’s join us」もおかしい。
おそらく、「一緒にやろうよ!」「一緒に参加しようよ!」と言っているのだと思います。
でも、よくよく考えるとおかしい(・・?)

  • 「Let’s (Let us)」の中に<私>がいる、
  • 「join us」で<私たちに参加する>

つまり、「私たちが、私たちに参加しようよ!」と言うナゾの表現になってしまうのです。

正しい文に修正すると、

  • 「Join us!」と命令形にして、「You(あなた)も参加しちゃいなよー!」と言うか、
  • 「Let’s join them!」といって、「(私たち一緒に)彼らに参加しよう!」とコチラ側(私たち)が別のグループ(彼ら)に参加しよう!と言うか、

のどちらかです(°∀°)b

「wanna」は「want to」の略!

  • I wanna eat this cake.(I want to eat this cake.)
    (私は、このケーキを食べたいです。)

「wanna」は「want to」の略です(°∀°)b
カジュアルな英会話で使える表現!

  • I wanna read this magazine.(私はこの雑誌が読みたいです。)
  • I don’t wanna do that.(やりたくないよ! [私は乗り気ではありません。])

3単現のsが付くときは、基本的に「wanna」を使うことができません。
【He wants to read this magazine.(彼はこの雑誌が読みたいです。)】

pic_106_4

「gonna」は「going to」の略!

  • I’m gonna buy a new guitar.(I’m going to buy a new guitar.)
    (私は、新しいギターを買うつもりです。)

「gonna」は「going to」の略です(°∀°)b

  • He’s gonna buy a new guitar.(He’s going to buy a new guitar.)
    (彼は、新しいギターを買うつもりです。)
  • It’s gonna be fine.(It’s going to be fine.)
    (大丈夫だよ)

「gonna」=「going to」なので、「be going to」の文をつくる時にはbe動詞を忘れずに!

  • 〇 I’m gonna buy a new guitar.(I’m going to eat this cake.)
    (私は、新しいギターを買うつもりです。)
  • × I gonna buy a new guitar.

さいごのまとめ

短縮して体力を温存しよう!

と全力でいいたいところですが、たいして体力は温存されません。

そして、「wanna」や「gonna」はカジュアルな英会話でよく使われます。
フォーマルなシーンでは、

  • be going to…
  • want to…

と短縮せずに発言したほうが丁寧なので、コチラのほうがベストです(°∀°)b

ここまで読んでいただき、ありがとうございました(__)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です