発音力でリスニング力アップ


 

109725

「発音の勉強をして効果あるの?」
「発音ってリスニングにもつながるの?」

と言った、英語の発音の事に関しては↓コチラ(・∀・)↓

知らない音は知っている音に切り替わる

テレビ朝日系列の深夜・バラエティ番組『タモリ倶楽部』にて、空耳アワーという番組があります。

これは少し大げさかもしれませんが(笑)、知らない英単語を聞いた時はこれに近い感じになっていると思います。
つまり、聞き馴染みの無い単語を聞いた時、
知らない音は知っている音に切り替わってしまうのです。

発音ができるとリスニングができる 英語耳

「発音ができるとリスニングができる」

前述した通り、知らない単語は知っている単語に切り替わってしまいます。
または雑音として聞こえ、英語の音を拾えていないという状況でもあります。

こういった状況を打開する為には、知っている音を増やす事です(°∀°)b

英語耳には、
「英語の音(子音・母音)、似ている音の区別をする練習、リエゾン(音のくっつき)」等まとめてあるため、音読や瞬間英作文をやる前に一読しておく事をオススメします(°∀°)b

舌・口の動かし方も意識する

英語を発音する時は、日本語と違って、舌・口の筋肉を非常に使います。
慣れないうちは大変ですが、舌・口の動かし方も意識して行い、習得する必要があります。

区別をつけておきたい発音

「R」と「L」

やはり、「R」と「L」が一番の課題ではないでしょうか。

英語耳にも「L」と「R」の発音方法がイラスト付きで掲載されていますが、
わかりやすい動画もあるのでご参考までに(・∀・)

「S」と「sh」

「s」と「sh」の発音も問題であったりします。
カタカナで書くとすると「スィ」「シ」の発音の違いです。

「six(数字の6)」「sit(座る)」は両方とも「s(スィ)」の音です。

×「シックス」→ ◯「スィックス」
×「シット」→ ◯「スィット」

「Can I sit here?」のsit「スィット」を「シット」と言ってしまうと、
「Can I shit here?」となんとも下品に聞こえてしまう可能性があるので注意が必要です(苦笑)

発音記号一覧

発音記号一覧表サイト
英語発音入門

音読・瞬間英作文でも発音に注意する

ぜひ音読・瞬間英作文の学習を行う際にもここで学んだ発音方法を意識して取り組んでみてください。
せっかく時間を割いて行う音読。発音も意識しながら行うと、より効果が期待できます(・∀・)

【関連記事】瞬間英作文 × オンライン英会話で2020年東京オリンピックの準備をしよう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です