人生で大切な事は全て英語学習から教わった


27_pic

私の場合、英語学習が人生を変えたと言っても過言ではありません(・∀・)
学習を始める前までは想像もつかなかった新しい自分に出会うことができました(笑)
英語学習をすれば当然英語力は身につきますが、それよりも性格があきらかに変化しました。

英語学習を通して学んだことはなにか?
それは、人生で最も大事なことです(°∀°)

以下に学んだ事ををまとめてみました。

忍耐力が身についた

忍耐力とは、苦しみ・つらさなどに耐える力。何事もマスターしようと思うと苦痛が伴います。
始めはワクワク・ドキドキの気持ちが強いですが、その気持ちも永遠には続かず…
伸びなくなってきたと感じたり、マンネリ化すると、始めた時の気持ちがどこかにいってしまうんですよね。

英語学習で言えば、テストの結果が停滞したり、英会話をやっていても全然上手く喋れるようにならない、単語がなかなか覚えられなくて嫌になってくる…といったところでしょうか。

上記のようになると大半の人が英語学習を止めてしまうのです。
しかし、この状態を乗り越えるとテストにも結果が表れ、自分でも英語力が伸びたと実感できるようになります。

この忍耐力というのは今までの自分ではありえない事でした。
何事も続かず、すぐ別の事を始めては、またやめる…の典型的な続かな人でした。
当然、英語学習初期段階の時期も「もう無理だからやめようかな…」と思ったことも。
それでもこの時ばかりは自分に「おい、ここでやめたら終了ですよ」と言い聞かせ、我慢しながらも継続しました。その結果、忍耐力が付いたと感じています。

entry-15_3

 

やりたくもない事を我慢して続けるなんて基本的に誰でも嫌じゃないですか。

そして、
「どーぜやっても無理だから」
「どーせやって無意味だから」
「やっても伸びないから」
と思い始めるとどんどん負のスパイラルに陥っていきます(笑)

あのメジャーリーグで大活躍しているイチローだって、

「そりゃ、僕だって、勉強や野球の練習は嫌いですよ。だれだってそうじゃないですか。つらいし、大抵はつまらないことの繰り返し。でも、僕は子どものころから、日標を持って努力するのが好きなんです。だってその努力が結果として出るのはうれしいじゃないですか」 (イチロー:談)

と、言っています。

誰だってつらい事や、つまらないことの繰り返しは嫌になるものです。
それでも続けている人は、イチローのような凄い結果を残していっているのです。

忍耐力は人生においても非常に使えるスキルだと感じています。

 

意志力が身についた

意志力とは、物事をなしとげようとする積極的なこころざし。つまり、やると決めたらやる、と言うことです。

やりたいことを言うのは簡単で、
「英語が喋れるようになりたいから英語の勉強をしよう!」
「グローバル化が進んでるから、英語の勉強をしよう!」
と、誰でも言うことはできます。

しかし、言うことと行動することはまた別物です。
軽い気持ちで「英語が喋れるようになりたいな〜」と思うのと、人生を変えるつもりで「英語が喋れるようになりたいな!」と思うのでは、明らかに行動が違います。
行動(勉強)を起こさないと、英語力も伸びていきません。そんな固い意思を持つ方法も勉強が教えてくれました。

真剣に学ぼうと決意すると、簡単には諦められなくなるのものです。

 

勉強の習慣がついた

習慣とは、長い間繰り返し行われていて、そうすることが決まりのようになっている事柄。また、繰り返し行うこと。「一日のうちにこれだけはやっておきたい」と言った、ある意味で生活の一部となっている事でもあります。

英語学習には繰り返しが欠かせません。最初は、勉強する習慣が生活の一部に入ってきたことに違和感を感じましたが、それも慣れてくると「当たり前」の事のようになりました(°∀°)b

勉強を習慣化している人とそうでない人では、習慣化している人のほうが明らかに伸びがはやいです。英語力を伸ばしたいと思ったら、まずは勉強を習慣化することがオススメです(°∀°)b
一日に最低でも2時間、3時間勉強する習慣を付けて、正しい英語勉強を行なっていれば、まず間違いなく伸びます。

一日は誰にも平等で24時間しかありません。そんな時間をどう使っていくかによって将来がかわってくると思います。

 

考えるクセがついた

英語の勉強を初めてから、いかに自分がいままで考えてなかったのか気付かされました。
普通の生活をただ、ただ送っているだけでは、なかなか考えるシーンが少ないように思います。
”朝起きて、朝食を食べて、歯を磨いて…”とルーティン化していることがほとんどだったので、無意識で行動していたこと多かったです。

ですが、勉強は無意識にやるわけにはいきません。わからない問題にぶつかったら、自分の頭で考えて答えを導きだすことになります。考えずに、ただ答えを見て覚えるだけではなんの効果もありません。

自分の頭で理解して、知識がストックされていき、次に同じような問題にぶつかった時は、間違えずにできるようになっていきました。

 

自信がついた

自分で決意したことを達成すると、凄く自信がつきます(・∀・)
特にそれが自分で立てた目標であればなおさらです。
自分の意思で目標をたて、それに向けて努力をし、達成した時の喜びはハンパではないです(°∀°)

そして、自信がつくと新しいことへの挑戦心も生まれ、毎日がワクワクする日々にヽ(゜▽、゜)ノ

いきなり大きな目標を達成しようとすると途中で自信をなくしてしまう可能性が高いので、最初は、「1日30分勉強を1習慣するぞ!」や「1ヶ月でこの本を終わらせるぞ!」のような小さな目標を立て、それをクリアしていくとだんだんと自信がついてきます。

 

最後に

変わった内面を挙げるとキリがありません。
英語学習に限らず、なにか一つの事をしつこく続けると意外な自分に生まれ変わると思います(°∀°)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です