英作文に慣れない間は主語を抜かさないように気を付ける!


pic_76_5

● この記事のテーマ ●

・英語は、主語が超重要!
・英語の文を作るときは主語を抜かさないように注意する!

● 「昨日さー、公園で面白い人にあったよ!」
● 「ねぇねぇ、昨日のパーティーたのしかったー?」

pic_76

I met a funny guy in the park yesterday.
(昨日さー、公園で面白い人にあったよ!)

・Hey, did you enjoy the party yesterday?
(ねぇねぇ、昨日のパーティーたのしかったー?)

pic_76_2

 

まだ英作文に慣れない内はよく「主語」が抜けてしまうことが多くあります。
『英語の文では、主語が非常に重要なんです(°∀°)b』

反対に、日本語ではほとんどの場合、この「主語」を抜かして文を組み立てることがおおいですよね。

● 「昨日さー、(私は)公園で面白い人にあったよ!」
● 「ねぇねぇ、(あなたは)昨日のパーティーたのしかったー?」

でも英語では違うんです。
英語では、「主語」が必要なんです!

英語の文で主語が抜けるとどうなる?

英語の文で主語が抜けると、違った意味で伝わってしまうことがあります。

英文法の一つに「命令文」という文法があり、命令文はこんな感じです。

Read this book.
(この本を読みなさい。)

Go away!
(あっち行け!)

pic_76_3

主語なしでいきなり動詞から始まる文法が「命令文」。

字のごとく、命令を表す文になります。

英語の文にはほとんど主語がはいっている

普段目にする英語の文には、ほとんど主語がはいっています。

He is a pervert.
(彼は、変態です。)

I like soccer.
(わたしは、サッカーが好きです。)

pic_76_4

一度気にしながら主語をチェックしてみてください(°∀°)b

主語は人以外もなれる

主語は人以外もなることができます(°∀°)b

This tree is tall.
(この木は高いです。)

this book is interesting for me.
(この本は私にとって面白いです。)

かならず人間じゃなきゃ主語になれない!というわけではありません。

まとめ

最後にまとめとして、

  1. 英語では、主語が超大事!
  2. 特殊な文法を除き、英文には必ず主語がはいる。
  3. 主語は「人」でも「モノ」でもなれる。

「主語!、主語!」と意識していても、慣れない間は抜けてしまうことが当然あります。
最初からカンペキにミスなくできるようにはなかなかいきません。

間違いながらも一歩ずつ自分のモノにしていきましょうヽ(゜▽、゜)ノ

ここまで読んでいただき、ありがとうございました(__)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です