【英語学習】効果的な音読をするためにやっておきたいこと


pic_82_6

英語学習で音読が効果的!
っていうことをよく見かけるのではないでしょうか。

でも、ただテキトーに、ぽやーっとやっていては、せっかくの音読がムダになっちゃいます!

pic_82

ぽっぽー

音読学習を効果的に行うためにも、ぜひこの記事を一読してみてください。

音読をする前に・・・

音読する前に必ずやっておきたいことがあります。
それは、音読する英文の読解!

音読学習が効果的といっても、ただ音読をしていては効果が薄れてしまいます。

効果が薄れてしまう音読学習とは…

効果が薄い音読学習方法

よくわからないまま、とりあえず音読

音読する英文がよくわからないけど、とりあえず声にだして元気よく音読しよう!

「ヘイ、バッターサーコーイ!」

pic_82_3

強打者でーす!

みたいな、ただ声をだせば良いというわけではありません。
声に出して音読といっても、理解できない英文であれば意味がありません。

まずは、英文を理解することを優先します。

とりあえず暗記

「とりあえず、よーわらんけど覚えるように音読すっか!」

pic_82_4

夢の中で暗記するんです!

「わからんけど、とりあえず暗記でいいか!」
これはテストで通用するかもしれませんが、使える英語にはなりません。

決して暗記がダメということではありません。
とりあえず暗記でいいか!というスタンスが良くないということです。

しっかりと文法・単語を理解した上で暗記することは効果的(°∀°)b
ちゃんと理解した上で暗記すれば、その知識が使えるようになります。

音読する英文を読解する

音読を効果的に行うために、使われている英文法・単語の意味を先におさえておくことが必須です。

「とりあえず、元気よく声だすか!(バッターサーコーイ)」
「とりあえず、寝ながら暗記でもするかな!」

みたいにテキトーにやってしまうと、せっかく時間を使って音読をしたことがムダになってしまいます。

効果的な音読学習方法

何度も繰り返す

音読する英文が理解できたらさっそく音読学習に取り組みます。
そして、1回音読して終了!
ではなく、何度も同じ英文を音読するのが効果的です。

やっぱり一回だけでは量が少なく、繰り返し同じ英文を音読することで自分のモノになっていきます。

自分のモノになった英文は英会話で使うことができますよ(°∀°)b
この自分でも使える(操れる)英文が増えれば増えるほど、英会話でドンドン喋れるようになっていきます。

やったからってすぐに効果はでない→だから継続する

昨日100回音読したぜぇえ、へっへっへ!!

pic_82_5

とはいっても、明日その効果がすぐにでるとは限りません。

これが音読学習のつらいところ( °д°)
やっぱり、効果が見られないとやめたくなりますよねー…

それでも、継続することが大事!
一に継続
二に継続
三に継続
四に継続
です(°∀°)b

ありきたりな言葉ですが、
『継続は力なり』です!

テキトーに流さない

何回も同じ英文を音読してくると飽きてくるんです。
飽きてくると、テキトーに音読を流してしまいそうになるんです!

これはキケンです。

音読中に意識が宇宙に飛んで行ったり、
「〇◇▽+*kjhasd+」とかいう宇宙をしゃべっていたり、と。

慣れてくるとテキトーになりがちなので、
英文の構造、単語の意味、英文の内容を理解しながら進めていきましょう(・∀・)

発音、口の動きも意識してみる

音読をするときに、発音、口の動きも意識して取り組むとさらに効果的です(°∀°)b

でも、いきなり超キレイな発音をすることは難しいですよね。
なので最初からカンペキは目指さず、少しずつ自分の発音を改良していきます。

音声CDがあれば、その音声の発音に似せるように音読を繰り返すのが1番良いです。

まとめ

この記事のまとめ

・よくない音読学習とは、

  1. よくわからない英文をとりあえず音読する。
  2. とりあえず、わからないから暗記する。

・効果的な音読学習にするために、

  1. 音読する英文を先に読解する(理解する)。
  2. 何回も繰り返す
  3. 意識して行う!
  4. 発音も意識してみる!!

ここまでよんでいただき、ありがとうございました(__)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です