英語学習は何から始めるのがいい?


pic_36_0

「英語学習を始めたい or やっているけど、なにから手をつけていいのかわからない」といった時のオススメ勉強内容を3つまとめてみました。
「原書で読めるようになりたい。」や「キレイな英語が話せるようになりたい。」「どんどん英語のレベルをこれからも上げたい」と言う本気の目標であれば、オススメです(・∀・)

最初は辛いかもしれませんが、間違いなく力が付いてきます。

 

中学英文法、基本英単語、発音

pic_36_4

 

その3つとは、「中学英文法・基本単語・発音」です。
最初から聞き流し、洋書の多読といった勉強方法よりも、この3つをやったほうが圧倒的に効果があります。

 

中学英文法

pic_36_3

 

英文法をやっておくメリットは、無数にあります。
まず第一に英文法は、英語を読めるようになるためのショートカットであること。
とりあえず「英語を読めばいい・英語を聴けばいい」というものではなく、まずは、正しく読めるようになる必要があります。
大人になってから英語を学ぶということは、生まれたての子供が英語を学ぶ時とは異なります。
長く時間をかけて感覚で英語を読めるようになるのを待つよりかは、文法知識を先につけて、体に染み込ませる方がよっぽど効率が良いと感じます。

第二のメリットとして、英語の土台ができ、今後も伸びる余地が増えるということです。
文法知識は積み重ねで、中学英文法が身についていれば高校の英文法が理解でき、高校の英文法の知識が身につけば、さらに高度な文法が学べるようになるという段階になっています。
そのためにも、まずは文法の基盤となる中学英文法を学んでおくのが得策だと思います。

最後のメリットとしては、英会話にも役立つということです。
簡単な日常会話、旅行英語というものは中学英文法で行うことができます。
英語を聞いていると難しそうに聞こえるものでも、会話を文字に起こしてしまえばそうでもないものがほとんどです。
無理に難しい言葉を使う必要はなく、簡単な文法で自分が言いたいことを表現することが可能です。

 

中学英文法勉強法

● 勉強方法 ●

  1. 知識を詰め込む
  2. 問題集や音読を通して詰め込んだ知識を使う
  3. 体に馴染むまで行う。

1.知識を詰め込む

まずは、知識を詰め込むことから開始です (°∀°)
参考書で各文法を理解しながら読み進めていきます。

私自身、学生の時は文法が理解できなくて当時はなにをやっているのかわかりませんでしたが、大人になって再び文法書を読んだら理解ができました。
もちろん全てが簡単に理解できるとは限りませんが、成長とともに理解力も上がった事で何を学んでいるのかわかるようになっていました。

 

● 中学文法書

 

2.問題集や音読を通して詰め込んだ知識を使う

「知っている」と「使える」は別物です。
実際にインプットした知識をアウトプットすることによって定着率も上がり、使い方がより詳しくわかるようになります。

● 中学英文法問題

● 中学レベルの文法で音読

 

3.体に馴染むまで行う

せっかく使えるようになった知識を忘れてしまってはもったいないので、何度も復習を重ねます。
運動を重ねるにつれ体が勝手に覚えていくのと同じ感覚で、英語の勉強も何度も繰り返して体が覚えていくまでやるのが理想です(・∀・)

 

単語

pic_36_5

英語を読んだり、話したり、聞いたりするには必要最低限の単語力が要求されます。
毎回、知らない単語を調べながら英語を読み進めていくこともできますが、1ページに30、40個程知らない単語があると調べるのが苦痛になり、なかなか前に進んで行きません( °д°)
単語は覚えている数が多ければいいことに越したことはありませんが、まずは基本英単語(約3000語)から覚えていくことをオススメします。

基本英単語(get , make , haveなど)がニュース記事や洋書でもっともよく使われ、さらに、さまざまな使い方があるため意味だけを覚えるのではなく、運用方法も知っておくといいと思います。

 

関連記事

単語帳を使った単語の覚え方

TOEIC対策で使った単語帳

隙間時間で使える英単語アプリ

オリジナル単語帳を作成するーAnkiー

 

発音

pic_36

発音方法・発音記号も読めるようになると、英会話やリスニングに役立ってくれます。
正しい発音ができる単語が多ければ、その分英語を聞いた時にどの単語を使ったのか聞き分けることができます。発音できる単語は聞き取ることが可能ヽ(゜▽、゜)ノ

正しい発音を学んでおくことによって、音読学習の効果も高めてくれます。
普段の学習からキチンとした発音で練習していると、実際の英会話でも練習の時の発音ができます。

 

● 英語耳

関連記事

発音力でリスニング力アップ

 

どんどん上のレベルを目指して・・・

常に向上心を忘れず、これからもどんどん上のレベルを目指して勉強頑張りましょうヽ(゜▽、゜)ノ

 

pic_36_6

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です