「またね!」を英語で、めっちゃ印象よく、また会いたいと思われるように言う!


pic_115

英語で「またね!」というフレーズはたくさんありますよね。

  • See you!
  • see you soon!
  • Take care!
  • Have a nice day! などなど…

他にもいろんな表現がありますが、別れる時に使うフレーズをたくさん覚えてもあんまり意味がありません。
別れのフレーズをたくさん覚えるよりも、もっと重要なことがある!

それは、

  1. 笑顔
  2. 相手の顔を見る
  3. 名前を呼ぶ

といった表情に関することです。
いたって普通のことですが、やると、やらないとではガラっと印象が変わるんです!

1. 笑顔 2.相手の顔を見る 3.名前を呼んであげる
ここで差がでる!

1.笑顔

「笑顔の人」か「怖い顔の人」と話をするのであれば、誰でも「笑顔の人」とはなしたいですよね!
それぐらい笑顔はスゴイんです。

「無表情」や「怒った顔」、「気分悪そうな顔」で またね!と言ったらどうでしょうか。
つまらなかったのかな?とか、なんか不機嫌そうだったな、という印象を与えて、それが相手の頭の中に残ってしまいます。

終わりよければ全てよし!

とは、言い切れませんが(笑)、
最初と最後の印象は残りやすいです。

やっぱり笑顔が一番イイ(°∀°)b

2.相手の顔をみる

別れの言葉を言うときは、相手の顔をみながら言います。

ついつい流れで「またね!(サッッッ!!)」みたいな感じになってしまうことがあると思います。
オンライン英会話の場合だと、「See you!(ポワン [←スカイプの通話を終了する音])」といった感じですね。

でも、最後のあいさつをする時は顔をみてしたほうが絶対にイイです!
そして、笑顔もわすれずに!!

3.名前を呼ぶ

日本語では、相手の名前を会話中に呼ぶことがわりと少ないと思います。
しかし英語圏の人たちは、会話中に名前をしょっちゅう呼んでくれます。

  • Hey, Jhon!
  • How are you doing, Jhon?
  • Thank you, Jhon.

こうやって相手の名前を呼んであげると、すごい親近感が高まります(°∀°)b

名前を呼ぶときは、ファーストネームで呼んであげるか、
ニックネームがあればニックネームでも大丈夫です。

「またね!」を英語で!

  1. 笑顔
  2. 相手の顔を見る
  3. 名前を呼ぶ

これをしながら、別れの言葉を言います!

See you! またね!
See you soon! またね!
Take care! お元気で!(相手の体調をきづかうフレーズ)
Have a nice day! よい1日を!
  • See you, Jhon. Have a nice day!
  • See you soon, Mery!

英会話では、レッスンをしてくださってありがとう!といった気持をこめて「Thank you.」を伝えてもいいと思います。

  • Thank you, Jhon. See you soon!

さいごのまとめ

逆に、このような感じで「またね!」って言われると、「あーすごいイイ人だ!」と思うのではないでしょうか。
言葉だけじゃなく、表情ひとつで印象がガラっと変わります!

↓笑いをとる「See you」の仕方はコチラ!↓

ここまで読んでいただき、ありがとうございました(__)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です