英文法まとめ

動名詞は基本を押さえておけば楽勝!

動名詞を学ぶ前に、

  • 名詞
  • 主語・目的語・補語

を先に知っておく必要があります。
もし、これらの事がビミョーって場合はコチラをご覧ください。

⇒ 勉強が苦手でも、TOEIC600点・英検2級の英語力をつける!【中学英文法の基本のキ】

名詞、主語・目的語・補語がわかると動名詞は楽勝です。

動名詞って?

動名詞とは、
「動詞にingを付けて、名詞として使う」
といったモノです。

ちょっと難しいですね…。

なので、1つずつ順番に動名詞を分解してみてみましょう。

動名詞は、名詞!

名詞って名前にも入っているように、動名詞は「名詞」です。
動名詞は、名詞!

名詞は、品詞の1つですね。

つまり、名詞ということは、

  • 英語の文の主語になれる。
  • 英語の文の目的語になれる。
  • 英語の文の補語になれる。

ということです。

  1. 動詞にingをつけて → 名詞として使う。
  2. 名詞は → 英語の文の主語・目的語・補語になれる。

この様な状態です。

注意点としては、動名詞は動詞ではないということ。
動詞にingが付く形なので、動詞っぽく見えてしまうんです。

playingとかlisteningとかusingとか。

動詞にingが付くと、動詞として使えなくなります。

動名詞(~ing)にしなきゃいけない理由

英語の超重要ルールとして、
英語の文には、主語が1つ・動詞が1つです。

でも、一つの文の中に動詞を2つ使いたいときもあるじゃないですか。
たとえば、

  • 読み(read)終える(finish)とか、
  • 食べるのが(eat)好きだ(like)とか、
  • テニスをする(play)のが好きだ(like)などなど。

● I play tennis.
この文だと、「私はテニスをします。(テニスをする)」と言ってるだけの文。

● I like tennis.
こちらの文だと、「私はテニスが好きです。」と言ってるだけ。
テニスをするかどうかまでわかりません。

じゃあ、「私はテニスをのが好きです。」という場合は??

× I like play tennis.

この文だと like と play で動詞が2つでちゃいます。

だから動名詞を使って表現していきます。

動名詞を例文で確認する

実際に例文でみていきましょう!

  1. Playing tennis is fun.(テニスをすることは楽しいです。)
  2. I like playing tennis.(私は、テニスをすることが好きです。)
  3. My hobby is playing tennis. (私の趣味は、テニスをすることです。)
hobby(ホビー):趣味

① の文では、Playing tennis が文の主語です。

主語になれるのは、名詞ですね。
動名詞は「名詞」なので、主語になれます。

② の文では、playing が文の目的語になっています。

目的語になれるのは、名詞です。

動名詞は、名詞です。
名詞なので、文の主語・目的語・補語になれます。

  • 動詞にing が付くと → 名詞になる。
  • 名詞は、文の主語・目的語・補語になれる。

③ の文では、playing が文の補語になっています。

名詞は、補語にもなれます。

  • 動詞にing が付くと → 名詞になる。
  • 名詞は、文の主語・目的語・補語になれる。

動詞にingが付く → 名詞になる → 名詞と同じ働きをする。

動名詞は、名詞。
ココをおさえておけば基本的にOKです。

前置詞の後で動名詞を使う

前置詞とは、at, in, off, on, for… といった単語です。

前置詞のうしろには基本的に名詞がはいります。

たとえば、

  • I play tennis in the park.(私はその公園でテニスをします。)
  • I met her at the station yesterday. (昨日、私は駅で彼女に会いました)

この様に、前置詞の後に名詞がはいるのが基本です。

名詞が入るってことはつまり、動名詞も前置詞の後にいれられます。

  • I am good at playing tennis.(わたしはテニスが得意です。)
  • Thank you for inviting me.(わたしを招待してくれてありがとう)
  • Thank you for coming.(きてくれてありがとう!)
  • Thank you for reading this blog.(このブログを読んでくれてありがとうございます。)
be good at~(~が得意である)

動名詞は、名詞!

現在進行形と動名詞は違う

現在進行形と動名詞は、まったく別ものになるので区別をしておきましょう。

  • 現在進行形は、 → 「be動詞 + 動詞のing」セットで動詞になる。
  • 動名詞は、 → 「動詞のing」で名詞になる。

動詞として使われるか、名詞として使われるかです。

動詞と名詞は役割が全然ちがうので、進行形と動名詞も役割がまったく違います。

まとめ

動名詞のまとめとして、

動名詞とは
  • 動名詞とは、動詞に ing が付いて「名詞」になったもの。→ 動名詞は、名詞。
  • 名詞は、主語・目的語・補語・前置詞の後にはいる事ができる。

あと、動詞に ing が付くと動詞の役割を終えます。

なので、 I playing tennis.
って文は成り立ちません。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください