独学で英会話を学ぶなら、やっぱこの勉強法!!!


pic_83_2

独学で英会話を学びたい!!どの勉強方法が効果的なんじゃい!!

と、わたしも独学ではじめようとした時に思っていました。

そもそも、勉強法ありすぎ!!
って感じですよね( °д°)

ネットで調べれば、山のように英会話の勉強法がでてきて、
本屋にいけば、山のように英会話の勉強法の本が並んでる。
学習方法がありすぎて結局どれがいいのかわからず、実際に勉強まで辿りつかずに終わってしまう、みたいな。

そんな学習方法がたくさんある中、わたしが最終的に選んだ学習方法が、
『文法、音読、単語覚え、そしてオンライン英会話』
昔からある、いたってフツーーの勉強方法です。

文法、音読、単語覚え、なんて言葉を見るだけでクッソつまらない部類にはいるんじゃないでしょうか。
まだそんな古臭い伝統的な学習方法やってんの!?!?って感じです(←これは言いすぎです。)

オンライン英会話は現代の学習ツールですね(°∀°)b
オンライン英会話の風景はこんな感じです。

左上の再生ボタンを押すと音声が流れます。音量にご注意ください。

 

スカイプという音声通話アプリを使って、自宅で英会話☆
文法、音読、単語覚えで得た知識を使うところです。
これが、英会話を独学で勉強をしてて一番楽しいひと時ですヽ(゜▽、゜)ノ

でも、オンライン英会話がここまで楽しくなったのは、
文法、単語覚え、音読をやってきたからです。

「これで英語がペラペラ…」
「30日で話せるようになる…」
「聞き流すだけで英語ができる…」

いろんな勉強方法が腐るほどありますが、
何やかんや言って、昔からあるフツーの英語勉強(文法、単語、音読)が一番効果的だったという。

今では、
『なんだよ、もっと早くフツーの勉強をやっておけばよかったんかい』
と思ってしまいます( °д°)

この記事では、クッソつまらさそーな英文法、音読、英単語覚えがどう英会話に役立つのかまとめてみました(・∀・)

あまりにもテンションが上がって過激な言葉を使ってる箇所があります。

英文法を英会話で役立てちゃう

「文法学習は生きた英語が学べないから英会話では役立たない」
という意見から突破していきましょう!

そもそも、文法書から生きた英語を学ぼうとすること自体おかしいです。
文法書から生きた英語なんて学べません。

「文法書にのってる英文をそのまま使ったら古臭い」
っていうのも当たり前です。

「じゃぁ文法書から何を学ぶんだ!?」ってところですが、
文法書は、ネイティブがよく使う文の構造を学ぶものです。

以下の英文は、【フレンズ シーズン1 第1話】のスクリプトです。

Monica: There’s nothing to tell! He’s just some guy I work with!

Joey: C’mon, you’re going out with the guy! There’s gotta be something wrong with him!

Chandler: All right Joey, be nice.  So does he have a hump? A hump and a hairpiece?

Phoebe: Wait, does he eat chalk?

(They all stare, bemused.)

Phoebe: Just, ‘cause, I don’t want her to go through what I went through with Carl- oh!

Monica: Okay, everybody relax. This is not even a date. It’s just two people going out to dinner and- not having sex.

Chandler: Sounds like a date to me.

[Time Lapse]

Chandler: Alright, so I’m back in high school, I’m standing in the middle of the cafeteria, and I realize I am totally naked.

All: Oh, yeah. Had that dream.

Chandler: Then I look down, and I realize there’s a phone… there.

Joey: Instead of…?

Chandler: That’s right.

Joey: Never had that dream.

Phoebe: No.

Chandler: All of a sudden, the phone starts to ring. Now I don’t know what to do, everybody starts looking at me.

Monica: And they weren’t looking at you before?!

Chandler: Finally, I figure I’d better answer it, and it turns out it’s my mother, which is very-very weird, because- she never calls me!

どのセリフも英文法書に載っている文法(文構造)です。

There is の文法、関係代名詞、過去進行形…などなど…

文法書にのっている文構造を軸に、単語が入れ替わっているだけです。

文法学習は、文の構造(骨格)を学ぶもの。
その文の構造(骨格)を基本に、単語を入れ替えれば十分に通用する英語が喋れるようになります。

しかし、文法(文の構造)を知っているだけでは、文法が使えるまではいってない!
そこで、使える文法にするために音読をやります。

音読を英会話で役立てちゃう

音読学習を通して、文法学習でつめこんだ知識(文構造)を使えるようにしていきます。

英会話で英文法をいかすためにも、音読は必須です(°∀°)b
文法を知っているだけでは不十分。
使えるレベルまでもってきて初めて文法が役立ちます。

音読学習の注意点としては、テキトーに音読をしないことです。
音読がイイからって、英文の構造、英文の意味もわからないままやっていては効果がありません。

詳しい音読方法はコチラを参考にしてみてください(・∀・)
→ 【英語学習】効果的な音読をするためにやっておきたいこと

覚えた単語を英会話で役立てちゃう

覚えた単語も英文法と同じで、知っているだけでは使えません。
使える単語にしなければなりません。

使える単語とは、
『その単語を文の中でどうやって使うのかを知っている』
ものです(°∀°)b

例として、injection(注射)という単語を見ていきましょう。
「injection(注射)」という意味を知っていても、使い方を知らないと会話の中でどう使っていいのかわからないと思います。

【”injection”の使われ方の例】
・I got an injection in my arm(腕に注射をしてもらった。)
・My doctor gave me an injection(医者が私に注射しました。)

文の中でどう使えばいいのかまで知って、使える単語になります。

他にも、一つの単語でいろんな使い方ができるものもあります。
例として、「keep」という単語をみてみましょう。

Keep the change.
(おつりはいいです。)
→Cold weather kept the flowers from blooming.
(寒い気候のせいで、その花は咲かなかった。)
Keep your room clean.
(部屋をキレイにしておきなさい。)

こういった、一つの単語でいろんな使い方ができる単語が他にも存在します。
(make, get, have…などなど)

英会話で使える英単語にするためには、意味だけを覚えるのではなく、使い方まで知っておく必要があります(°∀°)b

オンライン英会話で英会話をしちゃう

文法、音読、単語学習である程度知識をインプットしたら、オンライン英会話に参戦!

pic_83

オンライン英会話を始めるのはいつ頃がベスト??

これは個々のレベルがあるため、いつ始めるのが一番正しいという時期はありません。
それに、学習を進めるスピード、量も影響してきます。

ですが、わたしの意見としては、
英語学習をイチから始めて2、3ヶ月後ぐらいからオンライン英会話をやり始めるのが良いと思います。

というのも、英語を学び始めた段階でやると、文法・単語知識が全然足りなく、思うように喋れないのでイライラMAX(激おこプンプン丸)になります。
2、3ヶ月たった後なら、そこそこ知識が増えているので、簡単な文であれば組み立てることができるようになっているかと思います。

始めてのオンライン英会話は不安…

始めてオンライン英会話は不安になりますよね( °д°)

  • 「ちゃんと先生の英語が聞き取れるだろうか・・・」
  • 「自分の英語が先生に聞き取ってもらえるだろうか・・・」
  • 「先生が厳しい人だったらどうしよう・・・」
  • 「先生が超美人だったらどうしよう・・・」
  • 「先生がレオナルドデカプリオだったらどうしよう・・・」

始める前は、いろんな妄想が膨らんで不安になってしまうものです。

でも、インプットがしっかりできていれば大丈夫(°∀°)b
そんな不安を飛び越えて、体験授業をやってみましょう!!

 体験授業はゼッタイにやっておく!!!!

オンライン英会話に入会する前に、必ず体験授業をすることを強くオススメします(°∀°)b

これは、始めようとするオンライン英会話サイトの雰囲気を知るだけでなく、
自分の英語力を知るためでもあります。

まっっっったく喋れない状態で始めてもストレスがたまって、英会話がイヤになってしまいます。
喋れないと苦痛でしかたありません。

もし体験授業中にまっっっったく一言も喋れてないなと感じたら、もっとインプット量(文法、音読、単語学習)を増やすことを優先させたほうがいいです。

体験授業で手ごたえを感じた場合は、そのまま続けいくことをオススメします。
念願の英会話デビュー(°∀°)b
これまで学習してきた文法、音読、単語をバンバン使ってどっぷり英会話に浸かって下さい。

英会話はホントに楽しいです♪

わたしは、英会話をやりたい!という強い思いから、英語の知識がまったくない状態なのにオンライン英会話の体験授業をやったことがあります。
案の定なにも喋れず、撃沈したのを今でも覚えています( °д°)

文法や単語の知識がなさすぎてなにを喋っていいのかわからなかったんです、はい。
よく、「英会話ができるようになりたければ、たくさん喋るのが良い!」っていうことを聞きます。
これは間違いありません。
英会話力を伸ばすには英会話をするのが一番良いと思います。

しかし、なにも知識がない状態でいざ「喋れ!」といわれてもなーんもでてこないんです。

最初は喋れなくても、続けてれば喋れるようになるよ!

・・・・・・

ってなことは起こらなーい。

なので、最初からオンライン英会話をやるとなにも喋れず、ただただ撃沈・・・するだけの可能性が大なんです。

でもこの撃沈の経験が起爆剤になって、絶対英語を喋れるようになってやる!
っていうモチベーションになったりするかもしれません。

体験授業は無料でできるので一度挑戦してみるのもアリです(°∀°)b





恥をかいたってええじゃないか!!!!!!

英会話を始めた頃は、かなりの頻度で撃沈する可能性があります。
まだ慣れないうちは、ヘンな英語を喋ってたり、先生の英語がうまく聞き取れなかったりと
『アハっ、間違えたーよーい (・ω<) テヘペロ』
って恥ずかしい思いをして、撃沈多発なんです。

pic_83_3

でも、わたしは恥をかいたって別にええじゃないか!!!!!!
と思っています。

『パンツを見せたって別に減るもんじゃないしぃー』
みたいな感じで、
『ヘンな英語喋ったって減るもんじゃないしぃー』
っていう気持ちです。

本当にパンツを見せてはいけません。変態行為になりますよ。

恥をかくことは決して悪くありません。
悪いのは、恥をかくのにビビってヤル気や英語に対する興味を失ってしまうことです。

慣れない内は、ヘンな英語を喋ったり、先生の英語をうまく聞き取れなかったりと、撃沈するものです。
でも、続けていくうちにだんだんと撃沈しなくなってくるんです。

● わたしのオンライン英会話成長期(ざっくり編)

【オンライン英会話1日目】
・撃沈!

【1週間目】
・まだまだ撃沈!

【1ヶ月目】
・簡単な内容なら大丈夫だけど、話す内容が濃くなったとたん撃沈!

【3ヶ月目】
・内容の濃い会話でもちょっと耐えれるようになったけど、まだまだ撃沈する!

【4、5ヶ月目】
・内容の濃い会話で撃沈しそうになるけど、なんとか耐えれるかも!

【6ヶ月目(半年)】
・濃い内容でも、頑張ってついていけるようになった!

【8ヶ月目】
・濃い内容でも、安定!

【1年目(12ヶ月目)】
・濃い内容でも安心!アクロバットなんかも少しできるようになったけど、調子に乗ると撃沈!

【1年と半年(18ヶ月目)】
・アクロバットがじゃんじゃん決めれるようになる!

【2年目(24ヶ月目)】
・会話の主導権が握れる!(先生、俺についてこい!!)

つづく…

成長スピードには個人差がありますが、経験を重ねるにつれ恥をかく回数(撃沈する回数)は確実に減ってきます。

撃沈したら自分なりに反省する

撃沈の原因を探るため、レッスンが終わったら自分なりに反省することが大切です。
1分でもいいので、

  • 何がいけなかったのか
  • あの時言いたかったことは、どう言えばよかったのか

反省することで、撃沈する回数を減らしていきます。

料理をしている最中、
移動している最中、
お風呂で頭を洗っている最中、
ちょっとした時間に、自分の英会話がよりよくなる方法を考えてみてください(・∀・)

インプットは続ける

オンライン英会話デビューしたあとも、インプットはつづけます。
自分が英会話中に使える単語・フレーズは、インプットしたことからしかでてきません。

聞いたことも、見たこともない英語が突然口からでるようになる、なんてことは起こりません。
日本語でも、聞いたこと、見たことのない単語が文の中で使えるようにはならないはずです。

どんな方法であれ、英会話で使えそうな単語・フレーズをインプットし続けることで、英会話の表現力がどんどん広がっていきます。

さいごに

何やかんや言って、昔からあるフツーの英語勉強(文法、単語、音読)が一番効果バツグンでした。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました(__)

関連記事

文法

→ TOEIC900点まで上がったForestの使い方
→ 中学英文法を学び直す時の6つのポイント

音読

→ 【英語学習】効果的な音読をするためにやっておきたいこと

オンライン英会話

→ オンライン英会話で聞き取れなかったときの対処方法


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です