デスノートで100倍楽しく英語学習!


 

entry-20_1

2015年7月5日からドラマ化されたDEATH NOTE(デスノート)
原作は、2003年12月から2006年5月まで『週刊少年ジャンプ』(2004年1号 – 2006年24号)に連載され、映画化・アニメ化までされた超人気漫画です(・∀・)
12巻までの世界累計発行部数は3000万部を突破したのだとか。

そんなデスノートを使って「英語学習をする」ためのコーナーをまとめてみました(・∀・)

まとめてある内容:デスノート英語版動画、英語版マンガ、英語版キャラ紹介
公開日:2015年9月20日
更新日:2016年4月15日

英語版デスノートを観る!

デスノート(英語版)

デスノートは、英語版でもアニメ化されています。

 

デスノート(英語版) スクリプト

それぞれの回のスクリプトが以下のサイトに掲載されています。
結構難しい言い回しとかがあるので、聞き取れなかったところはチェックしてみるとイイですよ(°∀°)b

→ 【Anime Transcripts@アニメで英語】

アニメで英語学習をする!

楽しんで英語学習ができる

アニメが好きな方には、非常に有効的な学習法です。
わたしのようなデスノートファンであれば、さらに楽しんで英語が学べること間違いありません(°∀°)b
いやー、もうワクワクが止まりませんね!

原作を見たことがあれば、英語で内容を理解することが出来たりします。
話の内容を知って入れば、英語でも何を言っているのか薄っすらわかるんです。
ただ、聞き流し目的で観ると英語力向上には効果があまりないと思います。

スクリプトを確認して、より理解を深める

英語力向上を目的に観る場合は、聞き取れなかった場所をスクリプトで確認することが大切です。
わからないシーンは聞き流さず、細部まで確認し、何回も聞くことが重要です(°∀°)b

何回も見る

英語学習は反復が大切(°∀°)b
何回も見ることによって、英語のセリフにたくさん触れることができます。
触れる回数が増えれば、セリフを覚えてきて、実際の会話にも使うことができます。

DEATH NOTEを英語で読む!

 

entry-20

デスノートはマンガでも英語版が出版されています。
英語で読んでも興奮はやまない!
何度読んでも興奮はおさまらない!

pic_20_2

ですが、英語版のマンガにチョットだけデメリットがあったりします。
英語には縦書きがないので、縦に細長い吹き出しの所にはセリフが詰め込んであるように見えます^^;

pic_20_3

Yeah, I’m working on a tough case, that’s why…

また、すべて大文字表記のため最初は違和感を感じるかもしれません。

以上のことに慣れてしまえば、あなたの好きな世界にはいることができます(・∀・)

日本語版のデスノートもチェック!

2014年には、文庫版でデスノートが発売されました。
2014年はデスノート10周年記念だったのですヽ(゜▽、゜)ノ

pic_20_4

DEATH NOTE 1,2巻

【文庫版の特徴】

  • 文庫版だからサイズがコンパクト
  • カバーがキラキラしててカッコイイ
  • オリジナル版は全12巻完結(番外編13巻)に対して、文庫版は全7巻完結
  • もちろん、内容に変更なし(°∀°)b

あ~、何回読んでも面白い!

デスノートのキャラを英語でチェック!

デスノートのキャラを英語でチェックしていきましょう!
世界中には、わたしのようなデスノートオタクがたくさんいます。

ネタバレが含まれているので、ご注意ください。(随時更新中!)

L(エル)

pic_20_5

わたしの大好きなキャラのひとり!

L (エル, Eru) is a world-renowned detective who takes on the challenge of catching the serial killer known only as Kira. In his investigation, L becomes highly suspicious of Light Yagami and makes it his goal to prove that Light is Kira.

引用元(death note wikia L

世界で有名な名探偵エル。
キラという名で知られている連続殺人鬼を捕まえるために調査を進める。
調査を進めていく中、夜神月がキラじゃないかと疑い、証明しようとする。

そんなエルの調査を見ていると、だんだんエルにほれ込んでいくのであーる。

エルの名言

“Risking your life and doing something that could rob you of your life are exact opposites.”
(命を懸ける事と 命をやすやすと奪われる可能性があることをするのは 正反対の事です)

“I just can’t sit any other way than this. If I sit the way other people do, my reasoning ability drops by 40%.”
(私はこの座り方でないとダメなんです。一般的な座り方をすると推理力が40%減です。)

「L座り」と名前がついた独特な座り方。
マネをした方もいらっしゃるのではないでしょうか…( °д°)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です